6月12日のさいたまスーパーアリーナ公園をもって解散した℃-uteのリーダーだった矢島舞美が、メンバーと行った伊豆旅行の思い出写真を自身のブログで公開した。

 大室山の山頂で原始時代を連想させるポーズをとってはしゃぐ様子や、ミカンサイダーとコーヒー牛乳で乾杯する様子、宿で各々動物の着ぐるみを着て横になる様子などが紹介されている。また、最近芸能人の間でも流行りの「彼女とデートなう。」写真も、メンバー全員分公開した。設定としては、旅館の夕食のご馳走を前にしての浴衣姿の彼女、というものだ。

 読者からは、「ライブ以外でもこうやって5人が楽しそうにしている姿を見ることができて嬉しく思います」「℃-uteの仲良し度って100%を越えてるってくらい本当に仲良くて見てて幸せな気持ちになるーーー」「℃-uteが恋しくなっちゃう」「℃-uteに会いたい!!」など、メンバーの姿を見ることができて嬉しいというコメントや、解散を惜しむコメントが多く寄せられている。

 ℃-uteは、最年少メンバーの萩原舞が成人を迎えたことをきっかけとしてメンバー各々自分の将来を考えた結果、6月12日に行われたさいたまスーパーアリーナでのライブをもって解散することを2016年8月に発表し、その宣言通り解散した。

 矢島は℃-uteのオフィシャルブログの最後の更新で、「さいたまスーパーアリーナ公演が終わった後、とてつもない幸福感と、清々しさと、やりきった感で、、、℃-uteのゴールはここで、間違いなかったんだな。って、全部が吹っ切れて、キラキラしたものだけが残ったの悲しくないよ!!team℃-uteは永遠だし、ずーっと私の心の中にみんなが居てくれるから」と述べ、大好きなメンバーとの出会いは運命だということ、最後までリーダーとしての自信は持てなかったこと、グループを離れた3人のメンバーのことなどをつづっていた。

 元々℃-uteとしてのブログをメンバーは公開していたが、現在元メンバーは個別のブログを更新中。


(画像はすべて矢島舞美オフィシャルブログより)