結婚を考える女性にとって、相手の家事能力は大いに気になるところ。しかし、それを気にしすぎておかしなことになったと焦る人が、6月25日の発言小町「彼に一人暮らしを求めたのは失敗だったのか」というトピックを立てました。(文:篠原みつき)

トピ主は20代後半。彼氏に家事スキルを身につけさせたくて一人暮らしをさせたところ、こんなことを言われてしまったといいます。

「一人暮らし自体が楽しくなったし、家事が出来ないままなら家庭的な奥さんがいいなって思ってたけど、自分で家事が出来るなら専業主婦を養う意味なんて感じなくなった」

「子供ができたら仕事を辞めるつもりなら結婚そのものも考え直したい」

事の発端は1年ほど前。一人暮らしのトピ主が彼氏との結婚に踏み切れないたったひとつの理由が、相手がずっと実家暮らしで家事ができないことでした。

そこで、家事力を身に着けてもらうため、渋る彼を説得して一人暮らしをしてもらったそうです。彼は数か月で一通りの家事を完璧にこなし、美味しい料理を作ってくれるまでになりました。トピ主の理想通りの男性になった、はずでした。

しかし、1年後に彼の口から出てきたのは冒頭のセリフ。さらには、

「子供ができたら仕事を辞めるつもりなら結婚そのものも考え直したい」

とまで言われてしまったそうです。

「彼がこんな身勝手な考えをする人だったことはショック」と訴えるトピ主ですが、結婚は捨てきれません。一人暮らしを求めたことそのものに後悔しつつ、「どうしたらいいのでしょう」と助言を求めていました。

どうやら、理想の旦那様に教育しようとしたつもりが、「一人暮らしが快適過ぎて結婚の必要を感じない」という独身あるあるゾーンに恋人を追いやってしまったようです。

このトピックは注目を集め、200以上のコメントが寄せられました。ほとんどが「彼は身勝手ではない」「自業自得」との、トピ主への批判です。特に目立ったのがこんな指摘です。

「結婚相手となる男性に家事能力を求めるのは、共働き前提だからじゃなかったのですか?専業主婦希望だったとしたら、ムシがよすぎますね」

子供が生まれても家事育児を分担し、トピ主も働けば良いという意見が多く上がっていました。

「一人暮らしの家事と子供がいる家事とは別世界」とトピ主を擁護する声も

一方で、彼も良くないという見方もあります。「本音が聞けて良かった」と書く人は、彼の結婚の目的は、ただで家事をやってもらうことだったと指摘し、「妻は、無料家政婦じゃないよね」とトピ主を励まします。

また、主婦からは「一人暮らしの家事と子供がいる家事とは別世界」との指摘もありました。

「子供ができるまで共働きならわかるけど、子供ができても同じ調子でできるでしょ、は、分かってないな、彼」
「男1人の家事なんてそんなにする事ないけど、大人2人になったり子供がプラスされると全く違います」

確かに、自分の分だけマイペースにやる家事は、楽しい面もあるでしょう。時間の制約もある中、毎日家族の分もこなすとなれば大変です。そこに子育てが加われば、もはや重労働。夫が家事育児に全く協力しないとなると、妻のストレスは相当なものになります。

結婚してからじっくり家事を教えるという手もあったでしょうが、トピ主はスタートから完璧を求めすぎてしまったのかもしれません。夫婦とも一人暮らし経験がないという奥様からは、こんなコメントがありました。

「洗濯機も回せない人だったので、一つ一つ教えましたよ。結婚して10年、夫は子供がいても一通りの家事が出来るようになりました。そのくらいの長いスパンでやらなくちゃ」