祝福される内田篤人【写真:Getty Images】

写真拡大

 シャルケのDF内田篤人が新シーズンに向けて好スタートを切った。現地時間8日のプレシーズンマッチで2ゴールを決めている。

 負傷で長期離脱を強いられていた内田は、エアケンシュヴィック戦(6部相当)の後半に出場。3-0で迎えた48分、左サイドからのクロスをペナルティエリア右で受けると、寄せてきたDFを冷静にかわして左足で決めた。

 54分には裏のスペースに抜けたハジ・ライトからのクロスに合わせて2点目を決めている。その後も格下を圧倒したシャルケは、9-1の勝利を飾った。

 ドメニコ・テデスコ新監督の初陣で好発進となった内田。2017/18シーズンの完全復活に期待が持てそうだ。

text by 編集部