NIRVANA(ニルヴァーナ)が1988年に撮影したという超レア映像がYouTubeで公開された。

https://www.youtube.com/watch?v=rAaqWMsuu2I

出典: www.youtube.com

公開された映像は17分以上あり、映像に映っているのはカート・コバーンとクリス・ノヴォセリック、そしてドラムはメルヴィンズのデイル・クローヴァー。参加期間が短かったデイルだけに、ちょっとレアな編成かもしれない。

どうやら3人はミュージックビデオの撮影をしているらしいのだが、ロケ地は地元ワシントン州アバディーンの家電チェーン<レディオシャック>店内というDIYっぷり。ジャンプしたりスモークを焚いたりと、低予算ながら工夫を凝らしているものの、なんだか終始グダグダな雰囲気だ。

とはいえ、ブート盤『Outcesticide』などに収録されている「If You Must」と、名盤『BLEACH』収録の「Paper Cuts」の当て振りをしている様子は微笑ましい。数年後に自分が米音楽界でカリスマ扱いされるなどとは考えてもいないであろうバンド青年カートの姿は、ファンならば涙モノだろう。

この映像を公開したMike Ziegler(マイク・ツィーグラー)氏いわく、この映像で流れる楽曲は前日にレコーディングした1stデモとのこと。先述した2曲の他、「Aero Zeppelin」「Pen Cap Chew」「Spank Thru」などなど、恐らく当時の持ち曲の全てが収録されている記念すべき初音源だ。その後、3人はタコマでライブも行ったようで、ツィーグラー氏はそちらのフル動画も公開している。

https://www.youtube.com/watch?v=V0sWxNU6NW8

出典: www.youtube.com

ニルヴァーナ・マニアとして知られ、十数年にわたってシアトル〜オリンピア〜ポートランドのロックシーンにかなり深く入り込んでいたツィーグラー氏。今後、ニルヴァーナ以外にもレア映像/音源をどんどん公開して欲しいものだ。