川崎フロンターレ・小林悠【写真:Getty Images】

写真拡大

鳥栖戦で0-2の後半11分から「6分間で3発」の大逆転で3連勝

 J1の川崎Fは9日、鳥栖戦(ベアスタ)に3-2で勝ち、3連勝を飾った。わずか6分間で3発の大逆転劇をJリーグ公式Youtubeチャンネルも動画付きで紹介している。

 これが、川崎Fの圧巻の攻撃力だ。

 0-2で迎えた後半。逆転劇の開演を告げたのは、DF谷口だった。後半11分。左サイドのショートコーナから、エドゥアルド・ネットが頭で合わせ、こぼれたボールを谷口が左足で詰めた。

 次なるゴールが生まれたのは、2分後だ。左サイドでボールを持った左DF車屋が細かいタッチのドリブルでペナルティエリアに侵入。GKと最終ラインの間に鋭いグランダーで絶妙なクロスを送ると、右DFエウシーニョが右足で合わせる。左DFのクロスを右DFが決めるというダイナミックな攻撃で、あっという間に同点に追いついた。

 フィナーレはさらに4分後だった。左サイドのペナルティエリアのわずかに外から再び車屋がゴール前へクロス。FW小林がDFともつれながら競り勝ち、豪快なヘディングでゴールに叩き込んだ。

 3発の逆転に要した時間は、わずか6分。息つく暇もない驚異の逆転劇に敵地まで詰めかけたサポーターも歓喜に酔いしれ、動画を公開したJリーグ公式Youtube公式チャンネルでも、川崎Fに称賛の声が上がっていた。

 中2日の過酷な日程ながら、敵地をのみ込んだ破壊的なまでの攻撃力で3連勝を飾った川崎F。その勢いはまだ止まりそうにない。