SUPER JUNIOR-M ヘンリー、歴代級グラビアを公開…セクシー&カリスマ性溢れる姿に“釘付け”

写真拡大 (全2枚)

ファッションメディア「ELLE」は最近、デジタルシングル「I'm good」を発売したSUPER JUNIOR-M ヘンリーのBカットグラビアを公開した。

今年3月には「Girlfriend」、4月には「Real Love」の2曲を相次いで披露し、ミュージシャンとしての能力をアピールしているヘンリー。「ELLE」が7月号に載せたグラビアのほか、追加で公開した2枚のBカットで、ヘンリーは普段の無邪気な姿ではなく、セクシーなムードやカリスマ性あふれる視線で人々を魅了した。論硯洞(ノンヒョンドン) のスタジオで行われた撮影現場で、スタッフは“ヘンリーの歴代級グラビアだ”と口を揃えたという。

グラビア撮影後に続いたインタビューで、ヘンリーは新曲「I'm good」について紹介した。「R&Bヒップホップが本当に好きだが、今回ちょうどよい楽曲が出来上がった。特に、アンダーヒップホップシーンで有名なラッパーnaflaとコラボした。個人的な知り合いではなく、知り合いの知り合いでつながったが、歌を聴いて歌詞とラップパートの作業が1日で終わった」とし、今回のデジタルシングルに対する期待感を高めた。

シンガーソングライターとして、自身が作る音楽に対する真剣な思いを垣間見ることができた。「ある瞬間から、自分の経験や思いが楽曲の中に入っていなければならないと感じた。もう自分が本気で感じている事、言いたい話だけを書くと自分自身と約束した。やりたいままに、惹かれるがままにやるのが正解だと思う」とし、自身だけの音楽世界に対する抱負を伝えた。