FC東京戦は2-2と負けはしなかったが、DFとして2失点しているだけに、試合後は悔しそうな表情を見せていた。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 先日、『サッカーダイジェストWEB』で発表した「JリーグのCBトップ10」で堂々の1位を獲得したのが、鹿島のディフェンスリーダー・昌子源だ。
 
 連覇を狙う常勝軍団で今季も質の高いパフォーマンスを披露し、今や日本代表でもレギュラーポジションを掴みかけている24歳の成長著しいDFは、この結果についてどのような感想を抱いたのか?
 
「自分自身、この結果のような活躍ができているかといったら、できていないと思っている。しっかりと1位に見合うようなプレーを見せられるように、責任感を持ってやっていければ。もう少し、チームを勝たせられる選手になりたい」
 
 慢心はない。現状に満足せず、常に上を目指そうとするスタンスで、昌子はさらなるステップアップを遂げようとしている。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【FC東京 2-2 鹿島 PHOTO】両チーム激しい攻防で痛み分け、鹿島は首位陥落