2015年に国際テニスの殿堂入り、ナンシー・ジェフェットさん死去

写真拡大

 初の女子テニス・ネットワーク放送のプロモーターとして活躍したナンシー・ジェフェットさんが死去した。88歳だった。

 国際テニスの殿堂の広報担当者、アン マリエ・マックラーリンは、2015年に殿堂入りしたジェフェットさんの死亡を確認し、彼女は安らかに眠ったと述べた。

 ジェフェットさんは、スポーツ界で女性プロモーターの草分け的存在だった。1969年にモーリーン・コノリー・ブリンカー記念大会を開催させ、3年後この大会は、初めて賞金の出る大会としてテレビ放映された。その後、この大会は「バージニアスリム選手権」へ発展していった。

 ジェフェットさんと、9度グランドスラムのタイトルを獲得したモーリーン・コノリー(アメリカ)は、テニス界の発展のために共同でモーリーン・コノリー・ブリンカー・テニス財団を設立した。

 ジェフェットさんは1923年から1989年まで開催されていた女子テニスの英米対抗戦ワイトマンカップやフェドカップの大会委員長を長年務めた。

 ウィンブルドンのタイトルを獲得していない者で、オールイングランド・クラブの名誉会員となっているのはジェフェットさんただひとりである。

 ジェフェットさんは国際テニスの殿堂および国際テニス連盟( ITF)からテニス界への貢献を称えられ複数の、賞を受賞した。  葬儀はダラスのSt. Michael and All Angels 教会で7月14日に行われる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は初の女子テニス・ネットワーク放送のプロモーターとして活躍したナンシー・ジェフェットさん(2015年に撮影)。このたび88歳で亡くなったことがわかった。(写真◎Getty Images)
Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 12: Tennis player Nancy Jeffett attends the 2015 International Tennis Hall of Fame Legends Ball at Cipriani 42nd Street on September 12, 2015 in New York City. (Photo by Andrew Toth/WireImage)