音楽と笑顔が欠かせない。明るい雰囲気もカポエイラの特長だ。

写真拡大

ユネスコの無形文化遺産にも登録されたブラジルの格闘技カポエイラ。まさに戦う文化遺産だ。一見すると踊っているかのように見えるのだが、目の前には相手がいて、派手な蹴り技の応酬に目を奪われる。女性をひきつけてやまないカポエイラの魅力とは? 運動不足歴10年の女性ライターが、身体を張ってレポートする。

■音楽にのって戦うなんて、そんなのあり?

格闘技入門第2回は、2008年にユネスコが認定する無形文化遺産になったブラジルの「カポエイラ」。世界で唯一、音楽にのせて戦う格闘技だ。もともとは植民地時代、奴隷たちが手かせをつけられたまま戦えるよう技術を発展させたという。人の輪の中で戦い、音楽の演奏をつけたのは、看守に見つからないようにするためというのが定説だ。

そういえば昔、私も代々木公園あたりで目にしたことがあった。音楽に合わせて歌ったり手拍子をしたりする中、二人一組が戦っていた。戦うとはいっても、どこか戯れているようにも見え、和気あいあいと楽しそうだった。痛み、苦しみ、忍耐といったようなM的要素が少なそうで、ひそかに「私に一番向いている格闘技かも……」と思っていた。そう、その日までは……。

今回お邪魔したのは、ブラジルカポエイラ協会、コハダン・ジ・コンタス日本支部が開催する目黒学園カルチャースクールのクラス。金曜夜20時から90分のレッスンで、生徒は女性が9割と多い。基本のステップや攻撃、避け、アクロバットなどの技を習い、最後に“ジョーゴ”という組み手で締めるという。

教室に向かうと、若くてステキな先生がニコニコしながら向こうからやって来た。中肉中背なのに、腕から胸の筋肉がすごい。思わず「ジムで鍛えているんですか?」と聞くと、「カポエイラボディです(笑)」との返事。本日の先生、中村理(おさむ)さんは、高校の頃、留学先のハワイでカポエイラに出合い、以後、日本で修練を重ねてきたという。2015年にMestre(メストレ=師範)を取得し、今は東京、千葉を中心にカポエイラを指導している。

ところで、先生は長い弓矢のような棒を携えていた。聞くと、それはカポエイラで使う楽器だそうだ。

「これはビリンバウという楽器です。高音、低音、濁音の3つの音を出します。これがカポエイラのテンポを決めているんです。ビリンバウの音が鳴ると競技スタート。太鼓も手拍子も戦う人も、みんなこれに合わせています。カポエイラが禁止されていた時期は、警察が来るとビリンバウがリズムを変えてみんなに知らせたんですよ」

さらに、バックの中からは、ココナッツのようなもの、小さな網かごのようなもの、石ころなど「魔術で使うの?」というような不思議グッズがどんどん出てきた。ワクワク!

「“ココナッツのようなもの”はヒョウタンをくりぬいたもので、ビリンバウの共鳴器です。“かご”はカシシというもので、木の実などが入った打楽器。石はビリンバウの弦を押さえるのに使います」

ところで、カポエイラには勝ち負けはあるのだろうか?

「そこはグレーゾーンなんですよね。カポエイラは身体を使った会話、コミュニケーションなんです。審判はいません。相手の力量を見極めながら、ギリギリで蹴りを止めたり、当てないようにする。一方的に攻めないのが“いいカポエリスタ”です。またあの人と組みたい、と思われるのが理想ですね」

とはいえ、日本の武道と同じく帯でのレベル分けがあり、昇段制度もしっかりとあるという。クラスの生徒さんの帯の色もいろいろだった。

■もしかしてカポエイラってハード?

さて、さっそく体験レッスン開始。まずは入念にストレッチから始める。BGMはカポエイラの曲。なんとなく楽しい。「ウン、ドイス、トレス、クワトロ!」と、カウントもポルトガル語。気分がアガる。

すると突然、先生が言った。

「はい、次は“バナネイリーニャ”。左の肘を膝の内側に寄せて、右腕と頭を前に出し、全体重を肘の上にのせましょう!」

え? いまなんつった? オロオロしていると、周りの人たちはこともなげに地面に這うような体勢で、身体をふわっと持ち上げた。突然のアクロバティックな動きにたじろぐ。が、先生に一つ一つ動きを教えてもらうと、あら不思議。たしかに身体が浮いた。この辺からうっすら気づき始めた。もしかしてカポエイラってハード?

身体が温まると、次は基本のステップ「ジンガ」。腰を下げ、足を大きく開き、腕で顔を防御しながら左右にステップを踏む。これは難なくクリア。次は蹴りの練習だ。両手を地面につき、足をぐるんと大きく回して元のポーズに戻る。じんわり汗をかいてきた。すると……。

「はい、次は側転です」

ええー? できるのか!? 最後にやったのはいつだろうと考えたが、おそらく20年以上前だろう。でもみんなはクルクルやっている。しかし、私は私。「中年は無理しちゃいかん」と戒め、1回目は“側転のようなもの”で許してもらった。が……人間、見ているとやれそうに思えてくるもの。2回目は思い切ってやってしまった。できた! 慣れてくると、二人一組で向かい合い、基本ステップを踏みながら、蹴りや避け(側転など)を実践。汗だらだら。ついていくだけで必死だ。すると……。

「はい、じゃあ次は逆立ちです」

まじっすか! 遠い記憶をたぐりよせても、いつ最後に逆立ちしたのか覚えてない。25年以上やってないんじゃないか。でもやるしかない。えいやっ。クリア! 次。

「逆立ちして、足を壁で支えて歩いてください」

目がテン。しかし、生徒さんたちは当たり前のようにどんどんやっていく。私は、逆立ちはしてみたものの、腕がぷるぷるして一歩も動かない……。先生、無理っす。

「はい、じゃあ次はブリッジ!」

こ、腰が……。

■ハードな全身運動ができるカポエイラ

数々の“基本ステップと技”をおさらいすると、最後はジョーゴという組み手に移った。これがまさにカポエイラの醍醐味。先生がビリンバウを手にすると、さっと生徒さんたちが楽器を持って円になった。音楽が始まると、全員が手拍子を打ち、ポルトガル語で歌を歌い始める。私も適当に声を出してみる。気持ちいい!

円の中で、これまで習った技をすべて使いながらの組み手がスタートした。代わる代わる選手が交代し、演奏する人もクルクル代わる。全員が歌えて叩けて戦える“マルチプレーヤー”なのだ。

ジョーゴを一通り終えると、今日のクラスは和やかに終了。すでに太ももがパンパンだった。フラフラしつつも、気分はどこかハイテンション……。しかし、一見楽しそうなカポエイラがこんなにハードだったとは。上下左右の激しい動きに加え、身体が浮いたり、頭がひっくりかえったり、運動量がハンパない。

クラスの女性たちが着替えて控室から出てくると、どこからどう見ても美しいビジネスウーマンたちだ。まさか彼女たちがさっきまで側転したり、逆立ちしたりしていたとは……人は見かけによらない。痛くも荒っぽくもないけれど、ハードな全身運動ができるカポエイラ。最大の魅力はとにかく明るく楽しい雰囲気。これを続けられたら、かなりの体力がつく、と確信した。

----------

【教室情報】
コハダン・ジ・コンタス日本支部(CCJカポエイラ)
http://www.cordao-de-contas.org/category/news/

----------

----------

宇佐美里圭(うさみ・りか)
1979年、東京都生まれ。ライター、編集者。東京外国語大学スペイン語学科卒。在学中、ペルーにて旅行会社勤務、バルセロナ・ポンペウファブラ大学写真専攻修了。中南米音楽誌、「週刊朝日」編集部、「アサヒカメラ」編集部などで働く。朝日新聞デジタルで、「島めぐり」、「おいしいゲストハウス」、「東京の外国ごはん」、「ワインとごはんの方程式」等を連載中。ウートピにてフォトエッセイ連載「Viva Photodays!」を執筆。旅とワインが好き。心はラテン、働き方はまだ日本人

----------

(宇佐美 里圭)