“迷走”続けるテレ朝の日曜朝 東山紀之の新情報番組決定も、苦戦は必至!

写真拡大

 まさに“迷走”との言葉がピッタリか? 今春、根強い固定視聴者がついていた『土曜ワイド劇場』を含む『土曜プライム』を終了させ、2時間ドラマの傑作編などを放送する『日曜ワイド』(日曜午前10時〜11時50分)をスタートさせたテレビ朝日が、再び日曜朝を劇的に改革することがわかった。

 なんと10月より、少年隊の東山紀之がMCを務める大型情報報道番組『サンデーLIVE(仮)』(日曜午前5時50分〜8時30分)をスタートさせるのだ。

 これに伴い、『TOKYO応援宣言』、アニメ『ヘボット!』、『住まいのダイエット』の3番組は終了。『題名のない音楽会』は土曜午前10時に移動。『宇宙戦隊キュウレンジャー』は日曜午前9時30分に、『仮面ライダーシリーズ』は同午前9時に移動する。

 同局の日曜朝は、長年にわたってアニメ、特撮モノを放送しており、子どもや熱心なファンに定着していたが、この放送時間変更は視聴者の混乱を招くだけでない。フジテレビが日曜午前9時からアニメ『ドラゴンボール超』『ワンピース』を放送しているため、子どもや、アニメ・特撮ファンにとっては二者択一を迫られることになり、早くもブーイングが出ているようだ。

 本題に戻るが、東山がキャスターに初挑戦する『サンデーLIVE(仮)』に、果たして、勝算はあるのだろうか?

「この放送時間帯だと、『サンデーLIVE(仮)』は、『シューイチ』(日本テレビ系)、『サンデーモーニング』(TBS系)、『新報道2001』(フジテレビ系)と一部の放送時間がバッティングするため、4局による激しい視聴率戦争が勃発することになります。ただ、『シューイチ』『サンモニ』は常時2ケタを取っており、固定視聴者をガッチリつかんでいるので、東山の新情報番組は苦戦を免れないでしょう」(テレビ誌関係者)

 スタート前から、早くも暗雲立ち込める東山の『サンデーLIVE(仮)』。仮に、低視聴率に沈んでも、東山はジャニーズのトップタレント。簡単に番組を“終了”させるわけにもいかない。そうなると、テレ朝は東山とともに“ドロ舟”に乗り続けざるを得なくなるだろう。
(文=田中七男)