「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」は、開放F1.8を実現したフルサイズ対応の超広角レンズ。キヤノン用とシグマ用は7月7日より発売。ニコン用も発売を予定している。参考価格は18万9000円。

シグマが「CP+2017」に向けて発表したレンズ4本の中の1本。シグマの3つのプロダクトライン(Contemporary/Art/Sports)のうち、高水準の芸術的表現を叶えるArtラインに属するレンズで、作家性をいかした作品づくりに適している。

 

超広角14mmと開放F1.8の浅い被写界深度を生かして、被写体に迫りつつ背景を大きく入れ込んだボケ表現が楽しめる。星景・夜景はもちろん、ISO感度を上げずに速いシャッタースピードで撮影できるため、水景など一瞬の動きをとらえたい撮影シーンでも活躍する。

 

動画レポートはこちら

 

■光学性能

FLD(“F” Low Dispersion)ガラス3枚と、SLD(Special Low Dispersion=特殊低分散)ガラス4枚を採用し、超広角レンズで特に目立つ倍率色収差を補正。φ80mmの大口径グラスモールド非球面レンズを最前面に採用することで、ディストーション(歪曲収差)も効果的に抑制する。コーティングは、フレアやゴーストを抑制するスーパーマルチレイヤーコートを採用。

 

■AF性能

低速での安定した動作を実現する大型超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)により、快適なオートフォーカスが可能。オートフォーカス作動中にフォーカスリングを回してマニュアルでピント調整ができるフルタイムマニュアル機構も搭載している。

 

■その他

ボディ側からの電気信号で絞りを制御する電磁絞り機構を全マウントで搭載。精度と堅牢性に優れた真鍮製バヨネット・マウントを採用し、マウント部にゴムのシーリングを施した簡易防塵防滴設計となっている。

レンズ構成図

 

■主な仕様*

●マウントシグママウント、ニコンマウント、キヤノンマウント ●焦点距離 14mm ●レンズ構成 11群16枚 ●画角(35mm) 114.2° ●絞り羽根枚数 9枚(円形絞り) ●開放絞り F1.8 ●最小絞り F16 ●最短撮影距離 27cm ●最大撮影倍率 1:9.8 ●サイズ(最大径×長さ) φ95.4×126mm ●質量 1,170g ●付属品 ケース、かぶせ式レンズキャップ LC950-02

* 数値はシグマ用。