内田篤人が完全復活か!? テストマッチで2ゴールの活躍など9-1の快勝に貢献

写真拡大

▽シャルケは8日、エアケンシュヴィック(ドイツ6部)とテストマッチを行い9-1で勝利した。長期離脱していたDF内田篤人は後半から出場し、2ゴールを記録している。

▽試合には、今夏加入したDFパブロ・インスーアが先発出場。MFヨハネス・ガイスやMFイェフレン・コノプリャンカ、FWフランコ・ディ・サントらが先発した。

▽試合は前半から主導権を握ったシャルケが猛攻。8分にドニス・アブディジャジが先制ゴールを決めると、14分にはコノプリャンカが自ら得たPKを沈めて2点目を奪う。27分にはダニエル・カリジウリのクロスをコノプリャンカが決め、3-0で試合を折り返す。

▽後半、内田を含め6人を交代させたシャルケ。すると48分、左サイドからのクロスをボックス内右で受けた内田が、DFをかわして左足でシュート。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、シャルケが追加点を奪う。

▽54分には内田が追加点。自陣からのロングボールにハジ・ライトが抜け出すと、ボックス内右からグラウンダーのクロス。これを上がっていた内田がボックス内中央で押し込み、ドッペルパック(2得点)を記録した。

▽その後、ライトが4連続ゴールを奪う活躍を見せたシャルケが9-1で勝利。ケガ人が多いシャルケにとって、内田の復活は新シーズンに向けて大きなプラス材料になるだろう。