明石家さんまと山本梓、高畑淳子と北川景子、意外な芸能界のつながりとは?

写真拡大

 芸能界ではアノ人とアノ人がまさかの‥‥!?というパターンが少なくない。夫婦やカップルはポピュラーだが、親戚同士というものもある。エンタメ系のWEBサイト運営者に話を聞いた。

「一部でよく知られているのは、明石家さんまと元グラビアタレントの山本梓です。山本が『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で突然、本人を前にカミングアウトして驚かせました。が、正確には父親同士が姻戚。2人に血のつながりはありません。同じ例がガレッジセール・ゴリと元ミス・ユニバース・ジャパンのモデルの知花くらら。知花が『メレンゲの気持ち』(日テレ系)で突然明かしたことで、ゴリが知りました。さらにビビる大木とテレビ朝日の大木優紀アナウンサーも。3組とも父親同士が親せきですが血縁関係にはありません」

 異母兄弟の関係なのは、俳優・伊勢谷友介と世界的ファッションデザイナー・山本寛斎。伊勢谷は山本と父親が同じなのだ。と言っても山本の父親は7度も結婚と離婚を繰り返し、かなり破天荒。伊勢谷が生まれた時、父親は還暦を迎えていたという。

「『キングオブコント』で2014年と2015年に決勝戦に進出したバンビーノの藤田裕樹は、上方落語界の重鎮・桂きん枝の甥です。“ダンソン”のフレーズの時アニマルマスクをかぶっているほうですね。こちらはちゃんとした親戚同士。大人気女優の北川景子と高畑淳子もそう。2014年にオンエアされた『ジョブチューンSP』(TBS系)に2人で出演した際、おたがいが認めています。この事実を親戚から知らされた時、高畑家では大ニュースだったそうです」(前出・サイト運営者)

 これはほんの一例。探せばまだまだありそうだ。

(北村ともこ)