エムボウラのゴラッソ

写真拡大

ASモナコ加入後わずか1週間後に、元バルサ所属のFWジョルディ・エムボウラはフレンドリーマッチでゴールを決める活躍を見せた。

【関連記事:バルサ新体制で若手6人選手】

7日(金)、モナコはオーストリアで今シーズン最初のフレンドリーマッチに挑んだ。
ライバルはオーストリアリーグのSKNザンクト・ペルテンだ。36度の猛暑の中で行われたこの試合では、モナコのロペス、シラ、エムボウラがゴールを決め、0-3でザンクト・ペルテンに圧勝した。

試合後半でピッチに入ったエムボウラは、右ウイングに置かれ最初はあまり出番が無かった。しかしボールを一度とらえると、水を得た魚のように動いた。自慢のスピードで反撃に転じると、GKの足元を狙い的確なシュートを放った。

試合32分に、再び得点の好機が訪れた。しかし今回はライバルチームのGKの好守によりボールはゴールをそれた。試合終了間際にエムボウラはベンチへと下げられた。