指で弾いて回転させるおもちゃ「ハンドスピナー」が大ブーム! あまりにも話題になっているから、ちょっと興味が出てきたぞ……という人も多いのでは? でも種類がいろいろあるうえに、値段もピンキリ。もはや、どれを選べばいいかわからない状態です。せっかく買うならハズレを引きたくない? その悩み、解決しましょう。

ヨーヨー世界チャンピオンにしてベアリングのエキスパート、そしてハンドスピナーを多数取り扱うショップ「スピンギア」のオーナーであるTAKAさんに、おすすめのハンドスピナーを教えてもらいました!

ハンドスピナーの選び方

(スピンギアのサイトより引用)

ハンドスピナーは、軽く指で弾くだけで、いつまでもくるくると回り続けるという回転玩具。仕組みは本当にそれだけです。ただ、デキのよいハンドスピナーは勢いよく回転させても滑らかでブレがなく、音も静か。これが不思議な感覚を呼び起こし、ついついしばらく眺めてしまうことも。結果、リラックスできたり、集中力を得られたりするんですね。

さて、ただ回転するだけのハンドスピナーですが、何を目標とするかで形状や素材に違いが出てきます。

回転時間の長さを楽しむ回転中に手を傾けたときの重心の偏り(ジャイロ効果)を楽しむ自分好みにカスタマイズした形状を回転させて楽しむ

などなど。以下でおすすめのハンドスピナーを紹介していきますので、自分なりの楽しみ方にあったものを選ぶといいでしょう。

ちなみに、これらのハンドスピナーはすべて、秋葉原にある「スピンギアAKIBA店」にて試遊可能。ひと通り触ってみると、それぞれの個性や魅力を理解しやすいですよ!

FS01 ハンドスピナーTri|1,598円

ウエイトが3つあるトライタイプ。ハンドスピナーといえばこれ、というベーシックモデルで、滑らかに気持ちよく回ってくれる。回転のバランスがよく、手を動かしてジャイロ効果を楽しむ場合も、トルクバータイプ(ウエイトが2つ)に比べてスムーズだ。

ちなみに、ジャイロ効果を分かりやすく感じるためには、回転中のハンドスピナーを持って、8の字を描くように動かすとよい(懐かしの「ジュリ扇」の動き)。

【F01のスペック】
・重量 33.0g
・直径 70.0mm
・高さ 11.1mm
・ベアリング 16mm 8mm

FS01は、世間に多く出回っているもの(写真右、直径約8cm)より一回り小さい。そのため、子どもでも回しやすい。

レトロゲームカラーバージョンのFS01も、間もなく市場に投入される予定だ。

FS05 ヘヴィトルクバー|3,230円

トルクバータイプ(ウエイトが2つ)は、ストレートタイプとも呼ばれるハンドスピナーの元祖的な存在。本製品は真鍮削り出しで100gと非常に重いが、その分回転が力強く、長時間回り続ける(1回で6分程度)。手に持って回転させると、そのトルクを体感できるだろう。ただ、手を動かして遊ぶには、構造上ガタつきやすいこともあり、あまり気持ちよくない。机の上に置いて、回転時間の長さを楽しむのがおすすめだ。

【F01のスペック】
・重量 約100g
・直径 69.3mm
・高さ 13.5mm
・ベアリング Cサイズ(競技用のヨーヨーと同じ)

ちなみに、ウェイトのバランスを見直し、さらに長い回転時間を狙えるモデルが間もなく登場予定!

FS03 ハンドスピナー ホイール|2,376円

円形は、理論上、最も効率の良い形だ。中心部分がプラスチックで外周は真鍮リングという構造で、重量が均等に配分されているため、きれいな回転を楽しめる。また、バランスのとれた形状をしているため、手を傾けたときの重心の偏り(ジャイロ効果)を一番体感しやすい。トライタイプやトルクバータイプのような形状のユニークさはないが、ハンドスピナーの真髄であるジャイロ効果を楽しみたいならこのモデルがおすすめ。

【FS03のスペック】
・重量 36.0g
・直径 60.0mm
・高さ 11.1mm
・ベアリング 16mm 8mm

FS15 MODスピナー|2,700円

削り出しの金属パーツで作られた、YouTube界隈では「民族」と呼ばれているタイプ。FS15の最大の特徴は、カスタマイズが可能だということ(MOD=modified)。6つのウエイトパーツ(真鍮製)が取り外せるようになっており、好みの形状にできる。小さくて重いので、ジャイロ効果もしっかり感じられる。

【FS15のスペック】
・重量 99g
・半径 30mm
・高さ 19mm
・ベアリング Csize(競技用のヨーヨーと同じ)

このように、6本のウエイトはすべて取り外し可能。ウエイトをすべて外して、コア部分だけで回転を楽しむという、通な遊び方もできる。

Gokou - 後光|10,584 円

MODスピナーの最終進化系ともいえる特殊なモデル。なんと、42個のウエイトパーツとリングパーツで構成されており、カスタマイズの自由度が高い。MADE IN TOKYO(葛飾区の町工場製)で部品精度が高く、回転も非常に静かだ。

【FS15のスペック】
・重量 99g
・直径 100 mm
・高さ 16 mm
・ベアリング Csize(競技用のヨーヨーと同じ)

ウエイトパーツを自由に付け替え可能。リングパーツのおかげで、極端な形状にしても成立する。別売りで、さらに延長するためのパーツも用意されている。

<関連リンク>
・スピンギアAKIBA店
ハンドスピナー友の会