Appleを語るフィッシングメールに注意!

フィッシング対策協議会は5日、AppleをかたるPDFファイルが添付されたフィッシングメールが出回っていると報告を受けたという緊急情報を案内しています。

フィッシングサイトへ誘導されるURLが埋め込まれたPDFファイルがメールに添付されており、7月5日9時30分時点で複数のフィッシングサイトが稼働中であり、JPCERT/CCにそれらのサイト閉鎖のための調査を依頼中だとしています。

また類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続いて注意する必要があるということです。このようなフィッシングサイトにてEメールやID、個人情報、クレジットカード情報、パスワードなどを絶対に入力しないように注意してください。

さらに一部のフィッシングサイトは、HTTPS接続に対応したセキュアなサイトを装っており、類似のフィッシングサイトやメールを発見した際にはフィッシング対策協議会( info@antiphishing.jp )まで連絡して欲しいとのことです。

判明しているフィッシングサイトは以下の通り。なお、Appleでは詐欺に引っかからないための注意点やApple IDが不正利用されていると疑われる場合の対処法について案内しています。

【参考情報】
フィッシングメール、ウイルス感染の偽警告、偽のサポート電話などの詐欺に遭わないようにする
https://support.apple.com/ja-jp/HT204759

サイトのURL
http://●●●●.ink/1hUe
https://sign-in.appleld.●●●●.center/js/sso_login/Login.php?[パラメータ]
http://●●●●.ly/cpplejp
http://●●●●.ly/LYfA30dfXbZ
http://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/ログイン/日本語/
http://●●●●.ly/2sF5qmy
http://●●●●.com/baratoesvoelos
https://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/clients/
http://●●●●.co/6mNwR
https://●●●●.net/sign-idapple.apple.jp/Login.php?[パラメータ]



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース | 緊急情報 | Apple をかたるフィッシング (2017/07/05)
・フィッシングメール、ウイルス感染の偽警告、偽のサポート電話などの詐欺に遭わないようにする - Apple サポート