爽やかなミントオイルでリフレッシュ 「ミントビール」なんておいしそ!

写真拡大 (全2枚)

夏は天然の「ハッカ油」がおすすめ!

“ハッカ”よりも“ミント”のほうがなじみのある言葉ですが、どちらも同じもの、生活には欠かせないハーブです。

「ハッカ油」の主成分であるLメントールには、肌につけると冷んやりと感じる作用や、抗菌作用もあって雑菌の繁殖を防いでくれます。スーッと爽快な香りでリフレッシュ効果も期待できる!

ジメジメと湿気の多い夏には、ルームスプレーのように部屋にハッカ油を撒布すると清涼感があって過ごしやすくなりますよ。

こめかみや肩などにハッカ油をつけて、すっきりとした香りを感じながらマッサージしたり、ハンカチやタオルにつけて香りを楽しんだりするのもおすすめ!肩コリや筋肉痛を緩和させる効果もあるので、疲れがたまっている時や運動をした後にも役に立ちます。

「ハッカ油」は一年中使える万能オイル

暑い夏、すっきりしたい時に使うのがおすすめですが、ハッカ油は一年中使える万能オイルなんです。アウトドアシーンでは、虫除けにもなるし、蚊に刺されたところに塗ってもOK。風邪をひいた時、花粉の季節には、マスクにハッカ油をふりかけてつけると、鼻詰まりやノドの痛みにも効果があります。

アロマオイルの代わりにお風呂に数滴たらしてハッカ風呂を楽しんだり、寝る前に布団や枕にスプレーしたり、頭皮マッサージにもおすすめです。

ハッカ油は天然のオイルなので、口に含むことも可能。コップ1杯の水にハッカ油を1滴ほど入れると、マウスウォッシュやうがい薬として使えます。紅茶に入れてミントティーにしたり、ビールに入れてミントビールにしたり、カクテルのリキュールにもぴったり。お菓子作りにもおすすめなので、ゼリーやアイス、焼き菓子にも!

ハッカ油はアイデア次第でいろいろなシーンでつかえるオイルです。暑い夏を乗り切るために、ぜひ試してみてはいかがでしょう?

 

ライター:大山夏希(PR会社勤務。常に暮らしを豊かにするアイテムにアンテナを張っている)