【詳細】他の写真はこちら

歌手・クミコのデビュー35周年を記念した「クミコ with 風街レビュー」のニューアルバム(タイトル未定)が、9月27日に発売されることがわかった。

2016年にスタートしたクミコ with 風街レビューは、作詞家・松本 隆と初タッグとなる作曲家との共作によって大人のラブソングを作るプロジェクト。

第1弾として、秦 基博の作曲による「さみしいときは恋歌を歌って」、永積崇の作曲による「恋に落ちる」を収録した両A面シングルをリリース。第2弾シングルで、つんく♂との初顔合わせが実現し、意味深で訳ありな大人のラブソング「砂時計」が誕生した。

そして、9月27日にリリースするアルバムで、クミコ with 風街レビューはついに集大成を迎える。

今作は、松本隆の書き下ろしや未発表詞を含む全10曲を収録。既発表シングルより秦 基博、永積崇、つんく♂のほか、あらたに初顔合わせとなる横山剣(クレイジーケンバンド)、亀田誠治、菊地成孔、吉澤嘉代子、村松崇継など、日本の音楽界をリードするトップクリエーターが作曲を手がける渾身のフルアルバムとなる。

サウンドプロデュースは、2枚のシングルに続き冨田恵一が担当。松本がアルバム全曲の作詞を手がけるのは、松本がプロデュースしたクミコの再デビューアルバム『AURA』以来17年ぶりとなる。

なお、クミコはデビュー35周年と、ニューアルバムの発売を記念したコンサート『クミコ・ザ・ベストコンサート 1982-2017』を10月9日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催する。

松本 隆 コメント

ラブソングをコンセプトに、“クミコ with 風街レビュー”のフルアルバム10曲ができた。恋愛のいろんな形をいろんな角度から切り取っていて、秦 基博さん、永積崇さんとの1stシングル「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」は、わりと恋愛初期の恋心を描き、その後、つんく♂さんと作った2ndシングル「砂時計」は、もつれた大人の恋愛の歌。カップリングは、シューベルトの歌曲「白鳥の歌」のなかの1曲で、彼の作品は失恋の歌が多いけれど、この「セレナーデ」は珍しく求愛の歌。まさにラブソング。

今回のアルバムは、新しい作曲家たちとの運命の出会いから生まれた作品と言える。僕自身、あんまりジャンルにこだわりをもっておらず、いろんな作品を書いてきた。はっぴいえんどの頃からそうだったけど、ジャンルという塀みたいなものを、ひょいと飛び越えてしまう人間なんだと思う。

クミコという歌手も、出発はシャンソンだけど、ジャンルの枠を飛び越えてしまう自由な人だと感じていて、僕とよく似ている。それに、クミコはいろんな意味で、数少ない表現力と歌唱力を持ち合わせ、未だ進化している歌手だと思う。還暦をすぎた同志のような感覚で、一緒にどこまでいけるか楽しみだ。

冨田さんのアレンジは本当に素晴らしい。優秀な作曲家でもあり、彼の曲に何曲か作詞もしているが、秀れたアレンジャーでありサウンドメーカー。様々なジャンルの楽曲にも統一感あるサウンドでアルバムの世界観を表現してくれた。彼がいなければ、このプロジェクトは成り立たなかったと思う。

2ndシングルを書いてくれた、つんく♂さんや、横山さんのようなベテランふたりは、いい意味で歌謡曲のテイストもあり、筒美京平さんとの作品作りと似たようなものを感じた。横山さんが作った曲(「フローズン・ダイキリ」)を初めて聴いたとき、なんてキャッチーで優れたメロディだと思った。筒美京平の曲に詞をつけて、ビッグヒットを生み出した時にような手応えがあるので、歌入れをものすごく楽しみにしている。

吉澤嘉代子さんは、歌を歌っている可愛い女の子(吉澤さん)が僕のTwitterをフォローしてくれていて、はっぴいえんどや僕の作品と彼女のファンには共通の人がいて、その人たちが、吉澤さんのことを「凄すごくいい」と騒いでいたりで、気になっていた存在。

菊地さんは、新しいタイプのジャズの人だなあと思って、CDも持っていて前々から聴いていました。曲のタイトル付けも面白くて、縁があったら組んでみたいとひそかに思っていたので、今回作曲家として参加してもらった。思ったとおり、魅惑的な曲を書いてくれた。

村松さんは、クラシック畑の人。アニメや映画などの音楽でも活躍している注目株。彼はJ-POPにも興味があるようで、とてもいい曲を書いてくれた。チャレンジャーな新鮮さを失わないでほしいと思う。

亀田さんは、共通の友人のパーティか何かに招待された代官山のレストランの受付にいたとき、「松本さんですか? 亀田です」と声をかけてくれたのが出会い(笑)。一流のサウンドプロデューサーなのに、気負いがなく親しみを感じる律儀な人だと思った。今回は作曲家として参加してくれることになった。まだ楽曲があがってきてはいないけれど、大いに期待している。

クミコ コメント

銀座の端っこにあった小さな店「銀巴里」で歌い始めて35年が経ちました。歌手生活35周年と、くくってしまうにはどこか気恥ずかしい気持ちがします。それでも、シャンソンに関わり、そこから「言葉の音楽」に針路を定め歌ってきたことで、今の私があるのだと思います。松本 隆さんとのご縁は、ですから神様からのプレゼントともいえるもので、2000年と今年2017年との2回、アルバムという形で作品を発表できることは、まったくの幸せです。

今回は“クミコ with 風街レビュー”の形をとりました。松本さんの言葉に、初タッグのアーティストのメロディが重なり現れる世界を、私が歌うというプロジェクトです。それぞれが起こす化学反応が、どのような色合いの作品を生み出すのか、わくわくします。コンピュータ全能の現代に「人の息吹き」がパズルのようにはめ込まれたアルバムになることを願っています。

そして10月には、この新しい作品と、これまで大切に歌ってきた歌たちとを合わせ、『クミコ・ザ・ベスト・コンサート』を開きます。これまでとこれからの歌たちを、一本の道を楽しく歩くようなコンサートにしたいと思っています。アルバムもコンサートも、どちらもひとでも多くのかたの心のドアを叩けますよう。

<参加ミュージシャン コメント>

■横山 剣(「フローズン・ダイキリ」作曲)

まずは今回、このプロジェクトに参加させていただけて光栄です! クミコさん、松本 隆さん、そして僕というトライアングルを脳内でぐるぐるイメージしているうちに押し出されたメロディです。だから作曲ではなく出曲という感じです。イイネ! イイネ! イイネ!

■菊地成孔(「輪廻」作曲)

松本先生から直接オファーをいただき、あまつさえ、とんでもない大人な歌詞で、なんと申しましょうか、感動しております。このプロジェクトの末席を汚さぬよう、心を込めてていねいに作曲させていただきました。

■吉澤嘉代子(「消しゴム」作曲)

クミコさんが歌われる「わが麗しき恋物語」に号泣したお茶の間の中学生でした。歌の映写機にあてられて、人生の輪郭にふれたような衝撃は、今もすぐに取り出せるほど残っています。「消しゴム」を聴かせていただき、自分のメロディだからこそ、声がこの歌の中心にあることにドキリとしました。どこまでも自由なのに、いつでもちょうど真中にある、月のような歌声。大好きな松本 隆さんに歌詞をつけていただき、ひとつの大きすぎる夢が叶いました。ありがうございます。

■亀田誠治(「枝垂桜」作曲)

松本 隆さんの日本語が美しすぎてくらくらしました。その言葉の花びらをメロディに乗せ、謹んで納めさせていただきます。

リリース情報



2017.09.27 ON SALE

ALBUM『タイトル未定』

[収録曲]

・さみしいときは恋歌を歌って 作詞:松本 隆 作曲:秦 基博 編曲:冨田恵一

・恋に落ちる 作詞:松本 隆 作曲:永積 崇 編曲:冨田恵一

・砂時計 作詞:松本 隆 作曲:つんく♂ 編曲:冨田恵一

・セレナーデ 作詞:松本 隆 作曲:シューベルト 編曲:冨田恵一

・フローズン・ダイキリ 作詞:松本 隆 作曲:横山 剣 編曲:冨田恵一

・輪廻 作詞:松本 隆 作曲:菊地成孔 編曲:冨田恵一

・消しゴム 作詞:松本 隆 作曲:吉澤嘉代子 編曲:冨田恵一

・枝垂桜 作詞:松本 隆 作曲:亀田誠治 編曲:冨田恵一

・しゃくり泣き 作詞:松本 隆 作曲:村松崇継 編曲:冨田恵一

他 ※曲順未定

ライブ情報



クミコ・ザ・ベストコンサート 1982-2017

10/09(月・祝)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

クミコ OFFICIAL WEBSITE

http://www.puerta-ds.com/kumiko/

松本 隆 Twitter

https://twitter.com/takashi_mtmt