ウィル・スミス×アン・リー監督で新作

写真拡大

ウィル・スミス主演の映画「ジェミニ・マン」が、2019年10月4日公開となることが決定した。同作はウィル演じる年老いた暗殺者が、自身よりも25歳若く、鋭度の高いスキルを持った自分自身のクローンと戦うストーリーになるようだ。

1997年から製作の話があったというパラマウント製作の同作は、アン・リー監督がメガホンを執る。

当初ディズニーが製作する予定だったこの作品は、ダレン・レイクとドン・マーフィーがプロデュース、トニー・スコットが監督を務めることになっていた。しかし同作のコンセプトを実現するための映像効果の技術が追いついていなかったことから、長年にわたって製作が進まない状態にあったという。

また、主人公である暗殺者とそのクローンには別の俳優を起用するというアイデアもあったが、映像技術の発展のおかげでウィルが年齢の違う同一人物のキャラクターを二役演じることができるようになったようだ。

同作では、ジェリー・ブラッカイマー、デヴィッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャーがプロデューサーを務め、ドン・マーフィーとチャド・オーマンがエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。