(写真提供=李 仁守)母イ・ヨンスクさんと父アン・ヒョジュンさん

写真拡大

7月7日からスタートした女子プロゴルフツアー「ニッポンハムレディスクラシック」。先週のオープンウィークを終えて、女子プロゴルフツアーの今季後半戦がスタートする。

前半戦で“セクシークイーン旋風”を巻き起こした韓国のアン・シネも出場しているが、これから始まる後半戦で彼女に期待されるのは、成績だろう。

日本初出場となった「サロンパスカップ」では41位タイ、続く「ほけんの窓口レディース」では予選落ち、「アース・モンダミンカップ」では16位タイと成績を伸ばしているだけに、そろそろベスト10入りも狙いたいところだ。

「プロゴルファーとして成績で語る必要がある」

成績に関して最も気にかけているのは、ほかならぬアン・シネ本人でもある。

「日本のギャラリーやメディアの方々から注目されることは、それだけ期待されていることでもありますし、その期待に応えるためにも、私はプロゴルファーとして成績で語る必要があると思いますから」

先々週の「アース・モンダミンカップ」最終日。日本メディアとの取材対応を一通り終えた彼女に声をかけると、そんな言葉が返ってきた。

昨年8月に行った 単独インタビュー以来の対話となったが、どんなときでも明るく対応してくれるメディア対応は変わらなかった。

両親だけが知っている“娘アン・シネ”

ただ、少しだけ変化を感じたことがある。

それは明るく華やかでありながら、どこか落ち着いているように見えたことだ。

韓国で強烈すぎるレッドカラーのミニスカ姿を披露するだけではなく、日本でも毎回のようにゴルフウェアを変える華やかさばかりが注目されがちだが、久しぶりに見たアン・シネからは、以前にはあまり感じなかった“落ち着き”を感じた。

(関連記事:写真21連発!! レッドのミニスカ姿で登場したアン・シネが、強烈すぎる!!

理由はいろいろあるだろう。彼女に近しい人の話を聞いてしまったせいもあったかもしれない。

実は「アース・モンダミンカップ」最終日に、アン・シネの父アン・ヒョジュンさんと母イ・ヨンスクさんからじっくり話を聞く機会に恵まれた。

ギャラリーに交じって一人娘のラウンドを最初から最後まで見守り続ける2人とともに歩きながら、たくさんの話を聞くことができたのだ。

「シネが航空券も宿泊するホテルもすべて用意してくれたんです。クラブハウスで休んでいてもいいから、“とにかく来てね”とせがまれてしまって(苦笑)」

母イ・ヨンスクさんはそう嬉しそうに話しながら、アン・シネに関するさまざまなことを教えてくれた。

子供の頃はジャージャー麺を手で掴んで食べてしまうほどのおてんば娘だったこと、小学生になったあたりからかなりの負けず嫌いになったこと、ニュージーランド留学時代のエピソード、留学を終えて韓国に戻ったときの苦労話についても教えてくれた。

両親から聞くエピソードは、 “セクシークイーン”と呼ばれてきた彼女のイメージとは、かなりかけ離れていて意外なものばかりだったのだ。

アン・シネはもちろん、多くの女性アスリートを撮影してきた韓国人カメラマンのカン・ミョンホ氏も、「アン・シネは他のスポーツ選手とは違う。スポーツ選手らしくない」と語っていたが、それとはまた異なる意外な“アン・シネ評”があった。

そんな両親が教えてくれた話の中で、最も印象的だったのは母イ・ヨンスクさんが、ポツリと漏らしたこんな一言だった。

「あの子は本当に強くなりました。6年前とはまったく違います」

6年前、イ・ヨンスクさんは乳がんを患った。そして昨年には、父アン・ヒョジュンさんのすい臓がんが発覚。大手術を受けている。

「アース・モンダミンカップ」最終日に、一緒に歩きながらアン・シネのプレーを見守ったが、彼がまだ本調子ではないことは筆者の目にもわかった(それでも18Hすべてを直接チェックしていた父の愛情には感服させられた)。

そんな家族のことが心配になって、ゴルフが乱れてもおかしくはない。母も言っていた。

「私が乳がんを患ったとき、シネは明らかにスランプに陥っていました。先々のことが不安になり、動揺したのかもしれません」

ただ、今は違うらしい。

「数年はゴルフがうまくいかなかった。でも、今のシネはあの頃とは違います。家族を心配して狼狽するのではなく、むしろ“家族が大変だからこそ自分が頑張ろう”と考えている。

最近も“私が活躍して家族を安心させてあげたい”と話していました。自分が家長になったと責任感を持っているようにも見えます。あの子は本当に強くなりました」

愛する家族を喜ばせたい。安心させたい。励ましたい――。そんな思いが娘を突き動かしているというのだ。

もしかすると、アン・シネの“落ち着き”は、そうした思いがもたらした“成熟”なのかもしれない。

「膝上30センチのミニスカにファン大興奮」「セクシークイーン旋風が北海道上陸」など、今回もその“セクシーさ”が話題になっているし、それが今のところ彼女のイメージなのだろう。

ただ、その外見だけでは伝わらないパーソナリティーがアン・シネにはある。

参戦している「ニッポンハムレディスクラシック」で、そういった彼女の人間性にもスポットライトが集まることを期待したい。

(文=慎 武宏)