「死の白鳥」の異名を持つ米国のB-1B戦略爆撃機が、朝鮮半島上空に電撃的に展開し、射撃訓練を行った。

韓国空軍は8日、米空軍のB-1B戦略爆撃機2機が、グアムのアンダーソン空軍基地から出撃し、朝鮮半島の上空に展開されたと明らかにした。北朝鮮が4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型を発射したことに対する警告メッセージだという。

韓国空軍によると、8日にグアムから出撃したB-1B編隊は、韓国空軍のF-15K、米空軍のF-16戦闘機などとともに江原道(カンウォンド)の「必勝射撃場」の上空で、北朝鮮の核心施設を精密爆撃する射撃訓練を行った。

これまで、B-1B戦略爆撃機が朝鮮半島上空に展開したことはあったが、公開的に射撃訓練を行ったのは今回が初めてだという。

また、今回の訓練は、仮想の北朝鮮軍の弾道ミサイルの発射台を爆撃した後、F-15K戦闘機が地下施設を爆撃する方式で行われたと韓国空軍は説明した。