清水悠太と羽澤慎治が揃って2回戦へ [ウィンブルドン・ジュニア]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の大会6日目はジュニアの部の本戦が始まり、男女シングルス1回戦が行われた。

 男子の日本勢は、清水悠太(パブリックテニスイングランド)、田島尚輝(TEAM YONEZAWA)、堀江亨(関スポーツ塾・T)、羽澤慎治(西宮甲英高等学院)、予選を勝ち上がったトゥロター ジェームズ(西宮甲英高)の5人が出場しており、清水は第5シードとなった。

 この日は清水と羽澤が初戦に臨み、清水がライアン・ニブール(オランダ)を6-1 7-6(6)で、羽澤はツェン・チュンシン(台湾)を3-6 7-6(10) 6-4で破り、揃って2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス1回戦】

○33清水悠太(パブリックテニスイングランド)[5] 6-1 7-6(6) ●34ライアン・ニブール(オランダ)

○12羽澤慎治(西宮甲英高等学院)3-6 7-6(10) 6-4 ●11ツェン・チュンシン(台湾)

--------------------

【ジュニア男子シングルス1回戦 組み合わせ】

20田島尚輝(TEAM YONEZAWA)vs 19マックス・スチュワート(イギリス)[WC]

55堀江亨(関スポーツ塾・T)vs 56オリバー・クロフォード(アメリカ)[10]

44トゥロター ジェームズ(西宮甲英高)[Q] vs 43セバスチャン・コルダ(アメリカ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)のジュニアの部の男子シングルスで初戦突破を果たした羽澤慎治