ジュニア本戦がスタート、本玉真唯が初戦突破 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の大会6日目はジュニアの部の本戦が始まり、男女シングルス1回戦が行われた。

 女子の日本勢は、本玉真唯(S.ONE)、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)の4人が出場しており、本玉は第12シードで臨む。

 この日は4人全員が初戦に臨み、本玉がワイルドカード(主催者推薦枠)のホリー・フィッシャー(イギリス)を6-4 6-1で下して2回戦に駒を進めたが、内藤、佐藤、宮本は敗れた。本玉は2回戦で、フェルナンダ・ラブラナ(チリ)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【ジュニア女子シングルス1回戦】

○40本玉真唯(S.ONE)[12] 6-4 6-1 ●39ホリー・フィッシャー(イギリス)[WC]

●30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)2-6 2-6 ○29シモナ・ウォルタート(スイス)

●7佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)1-6 1-6 ○8ジール・デサイ(インド)[15]

●50宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)2-6 6-4 2-6 ○49エミリー・アップルトン(イギリス)[8]

--------------------

【ジュニア女子シングルス2回戦 組み合わせ】

40本玉真唯(S.ONE)[12] vs 37フェルナンダ・ラブラナ(チリ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)のジュニアの部の女子シングルスで初戦突破を果たした本玉真唯