休日のスタイルとして、“短パン”を愛用している男性も多いはず。

でもそのパンツ丈で、本当に大丈夫?特に女子は、休日のファッションも厳しい目で見ているもの。全方位で好感度を得られるスタイリング、お教えします。




ここ数年、男性の夏をお洒落に彩るファッションアイテムとして「短パン」がブーム。毎日スーツを着ている方にとっては、素肌に感じる風が、休日の時間をより一層リラックスしたものに変えてくれることもあるだろう。

だが、短パン姿というものはややもすると子供っぽくなり、場所によってはラフすぎて場違いになることもある。

意外と悩みがちなスタイリングだからこそ、上手にはきこなしている人に出くわすと、スマートの度合いが無条件に2割増しになる。大人が着こなす際にこだわるべきは、若者には手が出せないブランドを選ぶことではなくズバリ“丈の長さ”。

好感度が高いのは、足が長く見える膝上丈だ。かといって短ければいいというものでもない。あまりに短くて太ももが露わになるものは、はく人を選ぶ。膝よりやや上ぐらいがベストだろう。

足元にレザーのローファーやスリッポンを合わせれば、大人っぽくきれいにまとまる。上級者であれば、さらにジャケットを合わせて、そのままレストランに行ってもいい。そんな抜け感ある大人の短パンスタイルには、同性の若者からも女性からも、好評価が得られるはずだ。



さらに!持っておきたい

男の肌は少し黒い方がいい。日焼けする時間がないなら、塗るのもあり。

BBクリームフォーメン¥5,300 50ml〈LAB/東急ハンズ新宿店 TEL:03-5361-3111〉


【DATA】
パンツ¥32,000〈インコテックス〉、カーディガン¥64,000〈ザノーネ/ともにスローウエアジャパン TEL:03-5467-5358〉、Tシャツ¥13,000〈マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHOKAI(カスタマーサポート)TEL:0120-340-460〉、シューズ¥95,000〈ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店 TEL:03-6805-1691〉、時計¥3,175,000※ラバーストラップセット価格〈ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL: 0120-63-1755〉


Tシャツもちゃんと女性らしく、着こなせてる?




女性にとってもTシャツは夏のお洒落の鍵を握る定番アイテムだが、シンプルゆえに誤魔化しが利かず、一歩間違えると手抜き感を漂わせる恐れもある。

素材、サイズ感、シルエット、ブランドなど、トレンドの移り変わりが思いのほか激しいので、“旬”をキャッチアップしておきたいものだ。

ちなみに、今、こなれて見えるTシャツのスタイリングはフロントをタックインするという着こなし。御覧の通り足が長く見えるし、おしりを隠すこともできる。

やり方は簡単。Tシャツのフロント部分の裾だけをボトムスの中に入れ込んで、そこにふわっと空気が入るように少し引っ張り出すだけ。わずかな工夫で、お洒落にスタイルアップが叶えられるのだ。

女性のラフな服装も好き、と男性は言うけれど、何も手を抜いてほしい訳ではない。どこかに必ず女性らしさ、は求めているはずだ。

ダブル高気圧の影響で例年に増して“超”猛暑になることが予想されている今年。一枚で抜け感アップとスタイルアップを同時に実現するTシャツの着こなしをマスターし、全方位から垢抜けて見えるこなれた夏美人を目指したい。



さらに!持っておきたい

Tシャツに食べ物をこぼしちゃった!って時に、持っていて良かったと思うのがこれ。小ぶりなサイズ感も便利。

染み抜きペン¥700 12ml〈レオニス TEL:06-6263-7721〉


【DATA】
Tシャツ¥11,000〈チルコロ 1901/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567〉、パンツ¥28,000〈インコテックス/スローウエアジャパン TEL:03-5467-5358〉、バッグ¥13,000〈マッキントッシュ フィロソフィー〉、ネックレス¥13,000、スカーフ¥10,000〈ともにマッキントッシュ ロンドン/すべてSANYO SHOKAI(カスタマーサポート) TEL:0120-340-460〉、スターバングル¥19,000 カラーストーンバングル¥25,000〈ともにSea Rose JEWEL/イマック TEL:03-3409-8271〉



今月の舞台は『T.Y.HARBOR』