不整脈で倒れたアヤックスMFヌーリ、ヘリで搬送され一命を取りとめる

写真拡大

▽アヤックスのU-21オランダ代表MFアブデラク・ヌーリ(20)が8日、オーストリアで行われていたブレーメンとの親善試合中に突如倒れるアクシデントが起こった。

▽ブレーメンとの親善試合で先発していたヌーリは20分に突如ピッチに倒れ込んでしまった。その後、ドクターによって心肺蘇生法(CPR)を受け、ヘリコプターで病院へ搬送されたヌーリは、適切な治療を受けたこともあって一命を取りとめたとのことだ。

▽倒れたヌーリについてアヤックスは不整脈を持っていたことを明かし、現在は病院で眠っていると発表している。

▽170cmと小柄なヌーリは攻撃的MFを本職とし、U-15からオランダ代表としてプレーする将来を嘱望される選手として知られる。