画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2017年7月8日(土)より全国公開がスタートした『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章- <第3章>「やくそく」』。その公開初日に、メインキャスト登壇による舞台挨拶が、新宿バルト9にて開催された。

舞台挨拶には、鷲尾須美役の三森すずこ、乃木園子役の花澤香菜、そして同時上映の『結城友奈は勇者部所属』より結城友奈役の照井春佳が登壇。シリーズ最終章を迎えた本作の見どころをアピールした。

10月からスタートするTVシリーズに繋がるシーンも散見されるという第3章では、「銀ちゃん亡き後、残された2人がどのように想いを引き継いでいくか?」(花澤)、そして結城友奈との繋がりなどが見どころになると語るキャスト陣。『勇者部所属』についても、「今までとは若干雰囲気が違うシーン」が出てくるとのことなので、こちらもあわせて注目しておきたい。

また、TVシリーズから劇場版公開など、長く続くシリーズだけに、キャスト陣の仲の良さ、チームワークの良さもアピールするキャスト陣。中でも照井が「昨日どころから先月辺りから(今日の舞台挨拶で)二人に会えるのが楽しみだった」と語ると、会場は大きな笑いで包まれた。

そのほか、舞台挨拶ではTwitterで募集された質問に登壇者が回答。「最近感動したこと」や「破ってしまった約束」などをテーマにトークが繰り広げられ、およそ20分の舞台挨拶を締めくくった。

『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章- <第3章>「やくそく」』は新宿バルト9ほかにて上映中。劇場限定アニメ『結城友奈は勇者部所属』も同時上映。上映館などの詳細は公式サイトにて。

○結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- <第3章>「やくそく」 予告編

(C)2017 Project 2H