ギターの名門Fenderが、ギターの弾き方をiPhoneやパソコンで学べるオンラインサービス「Fender Play」を開始しました。ギターを買ったもののなかなか上達せずに挫折してしまった方も、これからギターを始める方も、さらにレベルアップを目指す方も、自分のレベルに合わせた練習が可能です。

ギターを始めた人の90%は1年後には挫折

Fender Playは、ギターのインストラクターによるパーソナルレッスンのような動画を使い、自分のペースで学べるサービスです。
 
Fenderによると、ギターを始めた人の90%は、1年後には挫折しているそうです。「私の手はギターを弾くには小さすぎる」「時間がない」などの理由をつけて、ギターから離れてしまった人が、もう一度ギターに挑戦するための手助けとしてFender Playは開発されました。
 

 
Fender Playのプログラムは、南カリフォルニア大学音楽学部などの協力を得て、「聴いて、学び、演奏する」プロセスを導入し、初心者でもやる気を維持できるよう工夫されています。
 

 
レッスンには、フー・ファイターズ、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ショーン・メンデス、U2などの有名アーティストの楽曲が使用されています。
 

サービスは月額約2,300円、最初の30日間は無料

サービスは月額19.99ドル(約2,300円)で、最初の30日間は無料でお試しが可能です。現時点では英語版のみのサービスとなっています。
 

なお、Fenderは最近、同社の楽器を使った曲を集めた5つのプレイリストをApple Musicで公開しています。
 

 
 
Source:Fender, Fender Play
(hato)