歩道に放置の小さな棺からヒトの臓器(画像は『KHOU.com 2017年7月5日付「Police make gruesome, but 'unusual' discovery in infant's casket abandoned on sidewalk」(CBS Philly/CHRIS JAMES)』のスクリーンショット)

写真拡大

このほど米フィラデルフィアのある歩道で、何者かが放置したとみられる小さな棺を通行人が発見した。万が一の事態を想定してすぐに通報したが、彼らは中身を知って仰天。「ホラー映画よりも怖い」と身震いしている。『CBS Philly』『KHOU.com』などが伝えた。

子供用の小さな棺が放置されていたのはペンシルベニア州ノースフィラデルフィアの歩道で3日午後9時ごろのこと。通りの向かい側は墓地で、仲間とともにその棺を発見したクリス・ジェームズさんはメディアの取材に「すごくショックでした。まるであの『スリラー』のワンシーンのよう。棺は黒っぽいゴミ袋から顔を出していて怖くてとても開ける気になれず、すぐに911番通報しました。中に何が入っているのか想像するだけでも恐ろしいですから」と答えている。

現場に到着した警察官がまだ新品そのものといった棺を開けたところ、泥まみれの黒い袋があり、さらにその中にはヒトの臓器のような物が入っていた。フィラデルフィア警察がそれらを回収して詳しい調査を行っていたが、スコット・スモール警部はその後『CBS』の取材に対し、「確かに人間の臓器で、サイズから幼児〜子供のものと考えられます。不思議なことに遺体はどこにも見当たりません」と語っている。

葬儀場から遺体を盗み、あるいは墓地に土葬されたばかりの遺体を掘り起こし、臓器だけを取り出した可能性があるとして事件性を視野に捜査が進められていたが、『CBS Philly』の続報によれば、どうやらそうした類のものではなかったもようだ。ある葬儀場で赤ちゃんの遺体を納めた棺の掛け金が壊れ、新しい棺に替えたため従業員がその棺を外出時に投棄したといい、しかし臓器の入った袋を取り出すことを忘れてしまった。4日になってその旨を本人が警察に届け出ていたという。

なお良心的でプロ意識の高い葬儀業者は、遺体について解剖が行われた際に取り出された臓器は亡骸に戻してから棺に納めるとのこと。このたびの業者はその手順を省いたばかりか、臓器の入ったビニール袋もなぜか泥まみれであった。別の第三者がどこからかその歩道に棺を運んだ可能性もあり、従業員の投棄の仕方そのものがずさんだった印象が否めない。

画像は『KHOU.com 2017年7月5日付「Police make gruesome, but 'unusual' discovery in infant's casket abandoned on sidewalk」(CBS Philly/CHRIS JAMES)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)