現地時間7月5日、アメリカのソーシャルニュースサイトRedditに、Spotifyで「運転中モード」が表示されたという投稿がありました。投稿者のスクリーンショットには、大きめのインターフェースやボイスコントロールなどの機能が見られます。

Android版Spotifyに突然登場


 
投稿者は、Android版Spotifyの再生画面左下に車型のアイコンが表示されていることに気づきました。さらに、そこから運手中モードを起動しようとするとマイクへのアクセスが求められたので、ボイスコントロール機能が追加されていると考えています。
 

 
しかし、起動後にマイクのアイコンをタップしてもエラーになることと、画面右下の”FEED BACK“からもこのモードが正式版ではないと推測されます。
 
運転中モードではアイコンが大きく、縦にスワイプすると「最近再生した項目」などへ移動、横にスワイプするとアルバム・プレイリストの切り替えができます。

誤ってユーザーに公開か

FEED BACK“アイコンをタップするとGoogleドキュメントに移動し、いくつかの選択項目と自由に書き込めるフォームが表示されます。
 
最後にメールアドレス欄がありますが、「アットマークより前の名前だけを記入するように」と書いてあるため、社内向けのテスト版が誤って一部ユーザーに公開された可能性があります。Spotifyの広報担当者は「常に新たな試みはしていますが、現在共有できるニュースはありません」と述べています。

iOS11にも同様の機能が

秋に公開されるiOS11にも運転中モードが搭載されていますが、電話やメッセージへの具体的な対応が分かっている一方、Apple Musicは「運転中でも操作可能」という情報に留まっています。
 
正式には未発表である今回のテスト版とは異なり、既に公開時期が決定している新しいApple Musicが、ハンドルを握ったまま十分に機能することを期待します。
 
 
Source:Engadget
(Nakadomari)