ミラン加入のコンティ、カフーやタソッティとの比較に戸惑う

写真拡大

『Sky Italia』など各メディアは、「ミランに加入したアンドレア・コンティは、カフーやタソッティの半分でも成功したいと話した」と報じた。

昨季アタランタで大活躍を見せ、今夏2400万ユーロ(およそ31億円)+マッテオ・ペッシーナの譲渡という条件でミランに加入したコンティ。

中国資本となったミランにとって今夏7人目となる主要な補強であり、新サイドバックとして大きな期待を集めている。

彼はカーサ・ミランで記者のインタビューに答え、以下のように話したという。

アンドレア・コンティ

「ミランの歓迎にとても感動しているよ。そして、この信頼を最高の形で返していきたい。

チャンピオンズリーグの出場権を獲得するという目標は、最低限のものだと思っている。

この歴史を考えれば、クラブはそれに値する存在だ。そして、それが今季やらなければならないことだね。

可能な限りプレーしたいし、うまくやっていきたい。代表チームに入ることも、僕にとっての目標だ」

(マリオ・タソッティやカフーと比較されているが?)

「いやいや、全く違うように見えるよ!彼らの成し遂げたことの半分でも達成できればと思うね。

僕はここで努力する。自分は前線に出ていくことを好むサイドバックだし、5人のミッドフィルダーのひとりとしてベストを尽くしたい。これまではいつも4バックでプレーしてきたけどね」

(昨季は4位に入ったことで、サポーターとの約束を守って金髪にしたよね。ミランがチャンピオンズリーグ出場権を獲得したらどうする?)

「ああ、それについて考える必要があるね!」