61分に同点ゴールを決めた杉本。写真:川本 学

写真拡大

[J1リーグ18節]C大阪 2-1 柏/7月8日/金鳥スタ

 J1リーグは7月8日、18節の8試合を開催。キンチョウスタジアムでは、セレッソ大阪対柏レイソルの一戦が行なわれ、C大阪が2-1で逆転勝ちを収めた。

 前半、先手を奪ったのは柏。41分、クリスティアーノからのアーリークロスに反応した武富孝介がダイビングヘッドでゴールネットを揺らし、柏が1点をリードする。

 先制されたC大阪だが、後半に反撃に打って出る。61分、エースの柿谷曜一朗が交代した直後のCKから杉本健勇がこぼれ球を押し込み、同点とする。

 さらに70分、右サイドを突いた水沼宏太がクロスを上げると、これに反応したソウザが右足ボレーで流し込み、C大阪が逆転に成功する。

 そして、試合はこのままタイムアップ。C大阪が逆転勝利で3連勝、8戦負けなしとし、FC東京と引き分けた鹿島をかわして、勝点38で首位に浮上した。

 敗れた柏は2連敗となり、勝点34で4位に後退している。