松居一代「公式YouTuberアカウント」より

写真拡大

 今週、異常な熱波や台風に見舞われた日本列島を、芸能界の“ある出来事”が揺るがせた――。

 女優の松居一代は先月、自身のブログで「実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの」「夜は、まったく電気を使わない生活をしているのよ」「いつでも、全力で走れる靴スニーカー生活です」と告白。さらに「4月21日の夜から 旅立つ準備をしていました」「あたしの耳にひとつのメッセージが聞こえたんです」などと綴り、松居の状態を心配する声が相次いでいた。

 そんななか、この件に沈黙を守っていた松居の夫で俳優の船越英一郎が、すでに裁判所に離婚調停申立書を提出していたと報じられた。この報道と前後し、松居は動画サイト「YouTube」に自身が登場する動画をアップし、船越に愛人がいると主張し、さらに船越は日頃からバイアグラを使用している「バイアグラ男」だと語った。

 今週6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、船越が松居から執拗なDV(家庭内暴力)を受けていたとも報じられているが、松居の人柄について関係者は語る。

「松居さんは日頃から積極的にご近所の方々にお裾分けを持っていったり、道で会えば丁寧に挨拶をしたりと、ご近所付き合いをとても大切にしているので、近隣住人の間での評判は良いです。そのため、数年前から船越さんとの離婚危機や、自身で家事をしていると公言する一方で家政婦を雇い、何人も交代しているなどと報じられるたびに、記者が松居さんに関する情報を聞き出そうと近隣住人に取材をかけていましたが、『松居さんとは仲が良いので、ちょっと……』と断られるケースが多々あったようです。

 また、松居さんクラスの女優であれば、メディアとの出演交渉や取材依頼などはマネージャーなどを介して行われますが、松居さんはほとんど自分で行なっています。通常、タレントが記者や知らない番号から携帯電話に連絡があっても無視するものですが、松居さん自ら電話に出て、記者の取材にも聞かれたことはしっかりと答えてあげるので、“気の良いオバサマ”というイメージです。ちなみに、電話に出られない場合は、きちんと折り返し直接電話をするほどの律儀さです」

●船越の“苦労”

 しかし、そんな松居と長く生活を共にしてきた船越の“苦労”について、別の関係者はこう察する。

「松居さんが通う自宅近所の美容室には、美容院でよく見られる光景と同じく、客が待ち時間を潰すために女性誌各誌が並んでいますが、なぜかメジャーなある女性誌だけが一冊も置かれていません。早い時期から離婚危機などを報じてきたその女性誌が目に入った松居さんが不快感を示したため、店側が配慮して置かないようにしているようです。また、松居さんの自宅を訪れた人の話によれば、家のなかの家具は松居さんのコーディネートによって完璧にあつらえられており、その一つひとつが超がつくほどの高級品ばかり。船越さんはひとりでユニクロで買い物をするような人なので、『こんな一寸の隙のない家では、船越さんは息苦しいのではないか』と心配になったようです。

 船越さんは撮影が過密スケジュールの期間でも毎日のゴミ出しをしていた姿はよく目撃されていましたし、5年ほど前から自宅近くのマンションで寝泊まりすることが多かったことからも、少なくても船越さんにとって自宅は“心地の良い場所”ではなかったのではないでしょうか」

 そんな松居と船越の関係の変化について、週刊誌記者は語る。

「船越が自宅近くのマンションを購入した5年ほど前は、マンションで寝起きしても、仕事に行く途中で自宅に寄って朝食を一緒に食べていたようで、完全に関係が破綻していたわけではなかったようです。船越の長男は、松居の前夫との間の子どもであることが知られていますが、その長男はよく知人を連れて船越のマンションに遊びに来る姿が目撃されており、2人の関係は良好です。その長男も晴れて社会人となり、船越としても“もう、そろそろいいだろう”という思いで、松居との離婚を決断したのではないでしょうか」

 現在の松居の言動をみる限り円満離婚は難しいかもしれないが、“サスペンスドラマの帝王”と呼ばれる船越だけに、きっとこの“事件”を無事に解決してくれるだろう。
(文=編集部)