ヘヴィなヒップホップ・ソングから一新し夏らしいサウンド/フレンチ・モンタナ「アンフォゲッタブル feat. スワエ・リー」

写真拡大

 ニューヨーク州ブロンクス出身の32歳、遅咲きの注目ラッパー、フレンチ・モンタナが4月7日にリリースした新曲「アンフォゲッタブル」が、全米ソング・チャートを急上昇している。

 プロデュースは、マイリー・サイラスの「ウィ・キャント・ストップ」(2013年)、今年の春に全米首位を獲得した、ケンドリック・ラマーの「ハンブル」などを大ヒットに導いた、マイク・ウィル・メイド・イットが担当している。フューチャリング・ゲストには、昨年末に米ソング・チャートNo,1獲得を果たした「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」の大ヒットで知られる、ミシシッピ出身の兄弟デュオ、レイ・シュリマーのスワエ・リーが招かれた。そのスワエ・リーが声高らかに歌うフックが、頭の中で何度もループする、中毒性の高いナンバーに仕上がっている。

 自身のヒット曲、「ロックジョー feat. コダック・ブラック」(2016年)や「ノー・ショッピング feat. ドレイク」(2016年)など、ヘヴィなヒップホップ・ソングから一新し、全米で大流行しているラテンハウスやダンスホールを取り入れた、聴き心地良い夏らしいサウンドと、エコーのかかったボーカルが、曲の良さを際立てている。

 東アフリカ・ウガンダ共和国のカンパラで撮影されたミュージックビデオでは、現地の若者が輪になってダンスを繰り広げる中、フレンチ・モンタナとスワエ・リーも交じり、楽し気に歌い、踊っている。観ているこちらも思わず腰が浮く同ビデオは、現在までに1億4000万回の視聴回数を記録している。

 日本でも大ヒットした「リーン・オン feat.ムー&DJスネーク」で知られるディプロのプロジェクト、メジャー・レイザーによる同曲のリミックスも6月にリリースされていて、彼らのコンセプトである「デジタル・レゲエ」が全面に出た躍動感のある仕上がりになっている。

 この「アンフォゲッタブル」も収録される、フレンチ・モンタナの新作『ジャングル・ルール』は、7月14日にリリースされる。本作には、ザ・ウィークエンドやファレル、トラヴィス・スコット、ミーゴスのクエイヴォなど、人気アーティストが多数参加している。
Text: 本家 一成 Photo:Johnny Nunez

◎「アンフォゲッタブル feat. スワエ・リー」
https://youtu.be/CTFtOOh47oo