イ・ヒョリ、4年ぶりのカムバックの所感明かす“率直さを伝えるアルバム…いい影響を与えたい”

写真拡大

イ・ヒョリのマガジンカバーのグラビアが公開された。

23日に発売される「THE STAR」マガジン7月号表紙グラビアで、イ・ヒョリは清々しい夏の済州島(チェジュド) を背景に、健康的な魅力を発散した。

今回のグラビアでイ・ヒョリは、様々なカラーのアンダーウェアを自らの雰囲気に合わせて、デイリールックとして着こなした。撮影現場では愛犬スンシム、モカと一緒にじゃれあいながら、楽しく撮影現場をリードした。

インタビューでイ・ヒョリは「今回のアルバムでは、私の率直さを伝えたい。心をこめて作ったアルバムが、人々にいい影響を与えられたらと思う」と近く発売されるアルバムに対する想いを明かした。

そして済州島で過ごす日常については「満足している部分がとても多いが、少し単調な気もする。アルバム作業やグラビア撮影でそれを解消している」と話した。

また、最近話題になった“イ・ヒョリヨガ”に関する質問に「昔はアシュタンガヨガをやっていたが、2年前から古典のハタヨガにスタイルを変えた。私に合っていて良かった」と伝えた。

最後に、年を取ることの意味に対する質問には「表現できる幅が広くなったように思う。若かった頃はできなかったことを、一つ一つ気楽に表現できるようになった。一方で少し悲しくもなる。とにかく年を取るというのは、そんなに愉快なことだけではなさそうだ」と素直に答えた。

4年ぶりのカムバックを控えたイ・ヒョリのスタイリッシュなアンダーウェアのグラビアと、本音を打ち明けた詳しいインタビューは「THE STAR」7月号で読むことができる。