映画監督のカン・ジョンスさん、本日(8日)持病で死去

写真拡大

映画「我らが愛このまま」(主演:チェ・ミンシク、カン・ムンヨン) を演出した監督のカン・ジョンスさんが享年58歳で死去した。数年前から糖尿病の合併症で闘病してきた故人は6ヶ月前に持病が悪化し、片方の足を切断したことが知られ、人々を悲しませた。

カン・ジョンスさんは映画「白い雨曜日」やチェ・ミンシク、カン・ムンヨンが主演を務めた「我らが愛このまま」、チェ・ミンス、パク・ヨンソンが主演を務めた「リハーサル」、チェ・ジョンアンが主演を務めた「Run2U」などを演出した。

カン・ジョンス監督の葬儀室はソウル漢南洞(ハンナムドン) 順天郷(スンチョンヒャン) 病院の葬式場2号室に設けられた。出棺は10日の午前6時30分で、葬地は京畿道(キョンギド) 碧蹄(ピョクジェ) 昇華院だ。