カタログモデルに設定のない色の組み合わせが選択可能!

 フィアット500にキャンバストップを備えたオープンモデル「500C」に、アイボリー色の電動スライド式ソフトトップを装着する「アイボリートップ」がデビュー。2017年7月8日より60台限定で販売が開始される。

 フィアット独自の875cc・2気筒直噴ターボ「ツインエア」エンジンと「デュアロジック」5速AMTを搭載する「500Cツインエアラウンジ」をベースに、12スポークの16インチアルミホイールとクロームミラーカバー、リアプライバシーガラスを装着。

 そして、カタログモデルには設定のない、ボサノバ ホワイトのボディとアイボリーソフトトップの組み合わせや、ブルー ボラーレのボディカラーが選択可能になっている。

 ボディカラーはボサノバ ホワイト、パソドブレ レッド、ブルー ボラーレの3種類。各色の限定台数はボサノバ ホワイトが40台、パソドブレ レッドとブルー ボラーレが各10台。右ハンドルのみの設定で、価格は282万4200円。

【画像ギャラリー】