減塩すれば健康になれる? 塩の摂り方・選び方Q&A

写真拡大 (全5枚)

健康志向が高まるなか、塩分の摂りすぎを気にする人が増えています。なにかと悪者にされがちな塩ですが、基本的には人間の生命維持に欠かせない大切なミネラル。
健康になる理想的な塩分補給・塩の摂り方を教えてもらった前回に続き、「減塩って必要ですか?」「季節によって塩の摂り方を変えた方がいい?」「自分に合う塩の選び方は?」など、覚えておけばきっと毎日の食事やヘルスケアに役立つ塩に関する素朴な疑問を、ソルトコーディネーターの青山志穂さんにぶつけてみました。
塩の素朴な疑問に答えてもらいました!
教えてくれたのは、ソルトコーディネーター 青山志穂さん
Q1.季節によって塩分の摂り方は変えた方がいい?
A1.汗をかく量が変わるので、気温や季節によって変えたほうがいい。
普通に生活するだけで汗をかく夏は、水分と同時に塩分も意識して補給を。反対に、汗をかきにくい冬は体内から塩分が出ていきにくいので、塩分量は控えめに。気温や体調によって調節することが大切です。
日常的に濃い目の味が好きな人は、それ以上に塩分をプラスする必要はありませんが、野菜をたくさん食べる人はカリウムの働きで塩分が不足することがあります。体の冷えやダルさを感じたら、すこし塩分を増やすなど調節してみてください。
Q2.どんな人でも減塩したほうがいいの?
A2.塩分の過剰摂取は有害ですが、誰でも減塩したほうがいいわけではありません。
塩は、人間が生きていくうえでなくてはならないミネラルです。人間の血液は0.9%の塩分濃度を保つ必要があり、それによって体液のバランスを保っています。不足すると細胞の働きが悪くなり、死に至ることもあります。塩には体をあたためる作用があるため、不足すると冷えや疲れといった症状も起きます。
年齢が上がると体内の水分が減少するため、バランスをとるために塩分を控える必要がありますが、30代で減塩を気にしすぎるのは、むしろ健康に良くありません。
Q3.精製塩ではミネラルが摂れないの?
A3.精製塩そのものがミネラル(ナトリウム)です。
精製塩ではミネラルが摂れない、という言い方は誤解。塩(ナトリウム)自体がミネラルの一種だからです。ただしほぼ純粋なナトリウムなので、マグネシウムやカリウムなど、自然塩が含有するそのほかのミネラルは含まれていません。
Q4.精製塩っておいしくないの?
A4.誤解されがちですが、そんなことはありません。
自然塩は個性豊かですが、季節によって味が揺らぐので、最後の味の調整には向かないことも。プロの料理人も、下ごしらえにはこだわりのある自然塩を、仕上げの塩味の調整には精製塩を......と使い分ける人が多いです。味をさっぱりさせる効果があるので、天ぷらなど揚げ物にちょっとかけるとさっぱり食べられますよ。
Q5.体質別に合う塩ってあるの?
A5.東洋医学ではそのように言われることもありますが、科学的な指標はありません。
ただし経験的には、人によって「自分のフィーリングに合う塩」がある、と感じています。ソルトコーディネーター養成講座の生徒さんにも、「私にはこの塩が合う」と同じ塩を愛用する人や、「疲れたときになめると元気が出るから、いつも小瓶に入れて持ち歩いている」という人がいます。いろんな塩を試してみると、運命の出会いがあるかもしれません。
Q6.自分に合う塩の探し方は?
A6.塩の専門店でいろいろ試して。塩のワークショップに参加してみるのもおすすめ。
というのも、市販の塩は一袋の容量が多くて、なかなか種類を試せないから。塩に興味がある友人と、塩の共同購入をするのもいいと思います。また、今後東急ハンズで、いろいろな塩を少量ずつ試せるキットを販売する予定なので、ぜひチェックしてみてください。