「にぎやかな未来」とネット動画

写真拡大

インターネットの動画サイトを見ていると、定期的に広告が入るようになります。映画やドラマやバラエティ番組など、肝心なところでネット広告が入るので、ちょっとイラッとする体験は誰しもあるでしょう。この世界をすでに予言したかのような作品が存在します。それが筒井康隆による「にぎやかな未来」です。

どんな世界?

「にぎやかな未来」に描かれる未来では、人々は常に広告を受け取る必要があります。広告を受け取らない人は、レコードを聴く必要があります。このレコードにもランクがあって、安いレコードだと、1分ごとに広告が入るような代物です。これでは、落ち着いて音楽を楽しむことができません。

音楽にも序列?

さらに音楽にも序列が存在します。ハードロックなどの「うるさい」音楽は人気が低いため、安く設定されています(もちろん、これは個人差があるでしょうが、一般的にはうるさい音でしょう)。一方でクラシックのレコードなどは落ち着くためか高く取引されています。それでは一番高値で取引されているレコードは何でしょうか。筒井康隆は、あっと驚くようなオチを用意しています。それでもすでに到来した「にぎやかな未来」において重要な提言をしているのは確かでしょう。