@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

photo: Hidenori Hanamura(花村英典)、Taro Ueno(上野太朗)

 

2ページ構成です。ページ下の「

ジャガーXE R-SPORT、ついに納車

新しい足グルマとして選んだ、ジャガーXE R-SPORTが5月31日に納車された。

と言っても、正確には、こちらの都合により、ジャガー・ランドローバー港北に行き、ショールームでキーを受け取ったのだが、新車が納車される日というのは、何回経験しても、何故かウキウキするものである。

美しく磨き上げられた現車は、予想通りのイメージで、これから、何万kmも、お付き合いをしてゆくクルマのファーストインプレッションとしては、誠に良好であった。

悩んだ挙句に選択したストームグレイの外装は、街中で見ても予想通り地味で目立たず、それでいてよく見れば、スタイリッシュという、当初の目論見どおりのクルマであった。

低く長く、スポーティなデザインを優先したことから、前席のヘッドクリアランスが少なかったり、乗り降りで、これまでよりも屈まなければならない、などの不便さはあるものの、各部の操作性などは、かって乗っていたX350のXJRとほぼ同様で、違和感は殆ど無い。

あたかもクルーザーを模したかのような新デザインの内装も、立体的で、奥行きがあって好ましい。

実際に走り出してみると、既に試乗の際に味わったとおり、ディーゼルのガラガラ音は殆ど聞こえず、しかも、低回転からターボが効くので、トルクが厚くとても乗りやすい。

この辺りのフィーリングはガソリンエンジンと大きく異なる点だ。他のメーカーの車両でも言えることだが、アイドリング・ストップの際のエンジンの再起動の振動と音質がいささか耳障りなので、直ぐに毎回オフにすることに決めた。

多少の燃費の向上よりも、鬱陶しさの減少のほうがよっぽど重要である。

XEの2.0ℓディーゼル、肝心の燃費はどう?

約1カ月を経過して、このXEで1951kmを走破した。この間、139.35ℓの軽油を消費したので平均燃費は14.01km/ℓ。

まずまずの数値であると思う。

これは、都内と高速がほぼ半々ぐらいのペースで走った場合の実績であり、高速道路だけなら、先日、家内が中央道を運転しての燃費が18.0km/ℓとなっていたから、この辺りの数値が目安となるだろう。

メルセデス・ベンツC250の時の燃費が、ハイオクを使用して、良い時でも9.8km/ℓ程度であったことを考慮すると、燃料費は既にほぼ倍半分のような状況である。やはり、ディーゼルにしたことのメリットは大きいと思う。

まだ、ワインディングで、振り回すことはしていないが、普通に走っていても、妙なアンダーを感じることもなく、快適な走りを満喫している。

まずは、購入1カ月の報告としては、良い買い物だったと満足している。