2016年は、動画配信サービスは成長の年となりました。

スマートフォンなどのデバイスが発達したことでコアなファンだけでなく、ライトユーザーが増え、国内での動画配信事業は2016年は約1,630億円*と推計されています。

*有料動画配信のみ集計となり、Amazonプライムなどの付加価値サービスも除く

2016年にはAbemaTVを初め様々な動画配信サービスが開始され、DAZNなどのスポーツ中継のネット配信も大きな話題となりました。その反面、動画配信サービスは継続が難しく撤退する企業も少なくなかった1年であります。

とはいえ、全体的に見たときに動画配信事業は本格的な普及期に入っており、確実に盛り上がってきている状況といえるでしょう。

2020年に向けて、各家庭のテレビの買い替えが予想でき、新しいネット対応のテレビの普及が増えていきます。それにより、動画配信事業はこれからも成長すると考えられています。

先日、渋谷にて行われた、日経エンタテインメント!創刊20周年記念イベント「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」において動画配信サービス事業を行う5社が集まり「本格始動する動画配信ビジネス」というイベントが行われました。

この記事では「本格始動する動画配信ビジネス」のイベントレポートをお届けします。

【目次】

dTVHuluGYAOU-NEXTDAZN

dTV「オリジナルコンテンツを強化」


dTV→https://pc.video.dmkt-sp.jp/
月額利用料:500円(税抜)
コンテンツ数:12万以上

登壇者:笹岡 敦氏(エイベックス通信放送 コンテンツプロデュースグループ ゼネラルマネージャー)

dTVは500万人のユーザーを抱え、ユーザー数・作品数とも国内トップの数字を誇ります。豊富なジャンルとコンテンツ数に対し500円という手軽さがユーザーに受けている要因だと思っています。

dTVコンテンツの注力ポイント

1.オリジナルコンテンツの製作/配信
東宝様とパートナーシップのもとに、映画のスピンオフを作成。「進撃の巨人」など大型映画と連動したアナザーストーリーの配信を行っております。また、完全オリジナル作品として映画監督や気鋭のクリエイターを起用したコンテンツの製作にも力を入れています。
さらに、バラエティーにおいては、ネット配信ならではである10分ほどの短い番組、dTVオリジナル「ゴッドタン」や「トゥルルさま〜ず」など地上波ではできない笑いの追求も行っています。

2.音楽ジャンルの配信強化
人気アーティストのライブ生配信やライブ映像の独占先行配信を行うほか、ユーザーからの「日常的にMV見たい」という声に応え、MVを連続再生する機能も備えました。

3.アニメジャンルの配信強化
人気アニメの独占配信や地上派で放送しているアニメの見逃し配信や、avexグループ発のヒットアニメ「おそ松さん」や「ユーリ!!! on ICE」と連動した作品の放送、関連コンテンツの一挙配信を行っています。

4.独自の映像ジャンルの提供
dTVでは、VRの配信にも挑戦しています。アプリはVR動画配信アプリ国内最高の20万DLを記録。a-nationのライブ配信など、臨場感あふれる映像の提供を行っています。

この夏の注目コンテンツ

この夏の注目コンテンツとして『銀魂』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『パパ活』という3つの大きな作品を同時展開していきます。

『銀魂』では劇場版公開に合わせ、オリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」を配信します。『パイレーツ・オブ・カリビアン』は過去作品の一挙配信、完全オリジナルドラマの『パパ活』にもご期待ください。

関連リンク
・dTV×銀魂プロジェクト|7月15日実写版ドラマ「銀魂-ミツバ篇-」配信決定!
・「パイレーツ・オブ・カリビアン」全作独占配信!特集
・ドラマ「パパ活」特設サイト