離婚調停を申し立てた船越英一郎の行く末は?

写真拡大

タレントで投資家でもある松居一代は夫で俳優の船越英一郎から離婚調停を申請されているが、裁判になっても最高裁まで争い船越に全面的な謝罪を要求していくと一部スポーツ紙の取材に答えている。ネットでは「無謀だ」「裁判で勝てるはずがないだろう」という声が多く見受けられるが、彼女は前夫と離婚後、長男と住んでいた億ションの欠陥が1997年7月に見つかり、施工した大手ゼネコンを相手に裁判を起こし勝訴している。施工の欠陥を認めず慰謝料の支払いを拒否する施工主、査定金が低い保険会社を相手に1年半の闘争の後、総面積の3分の2をやり直させ、保険は査定額より大幅にアップ、見舞金との名目でゼネコンから約1700万円を獲得しているのだ。

1997年の夏休みに旅行から息子と帰宅した松居一代が目にしたのは、天井が抜け汚水と瓦礫の山になった衣装部屋だった。そこには高価なバッグや洋服などが大量に保管されていたが、ほとんどは汚水のために使いものにならなくなってしまったという。

当初ゼネコン側は「上階の居住者の使い方に問題があったのではないか」とし、施工の欠陥を認めなかった。業を煮やした松居はマスコミを自宅に招き、天井が崩壊した現場を公開。すると連日ワイドショーで「松居一代の自宅は欠陥マンションだった」と放送され、大騒ぎとなった。ここから彼女と大手ゼネコン側との壮絶な戦いが始まる。

松居は前夫の経営不振などによる借金1億7500万円の連帯保証人に知らぬ間にされるなど、過去のトラブルや裁判の経験から“証拠の重要さ”を認識していたという。実際にゼネコンの担当者に天井崩壊の現場を見せる前に、くまなく現場の状況を写真やビデオで撮影していた。また言った言わないの水掛け論になることを避けるため、相手方とのやりとりは全て録音。当然松居側も優秀な弁護士を雇っていたが、彼女は弁護士任せにせず建築の専門家の意見を求め証拠を収集したという。またゼネコン側は最後まで慰謝料の支払いを拒否していたのだが、「慰謝料は迷惑をかけたスーパーゼネコンからの当然の報酬」と一歩も引かず、見舞金という形で多額の金額を勝ち取ったのはまさに松居の熱意によるものだと、彼女の弁護士は舌を巻いたそうだ。

“戦う場合はあらゆる手を尽くし、命をかけて戦う”のが松居流である。今回、船越英一郎との離婚問題が表面化してから、彼女が独白する3本の動画が公開されている。ノーメイクであることやその表情、言葉遣い、全て計算されているといった見解を示す専門家は少なくない。松居一代は重要な証拠や記録を今は公開せず、長い戦いとなる裁判に向け着々と準備を進めているのではないだろうか。 
(TechinsightJapan編集部 みやび)