Nine Muses「今までスポットライトを受けることができなくて悔しかった」

写真拡大

Nine Musesが率直に心を打ち明けた。

Nine Musesは最近、雑誌「GanGee」7月号のカバーモデルとして抜擢され、グラビア撮影を行った。成熟したセクシーな魅力をアピールし、視線を捉えた。

続いて行われたインタビューでギョンリは「アイデンティティを確立したと思っていたが、活動すればするほど難しいと感じる。楽しかったり、辛かったり、心が複雑だ」と話した。

また彼女は「私と同じ仕事をしている同僚たちも同じ気持ちだという。この前、ソルビ姉さんに会って相談した。お姉さんが自身の経験を元に、心からアドバイスしてくれた。とても力になった。前向きに考えようと努力している」と伝えた。

またギョンリは「昨年が運が良かった。私という存在を知ってくれ、愛してくれる方々がいて感動を受けた。今までスポットライトを受けることができなかった時には、悔しいと感じた時もあった。そのたびに『お母さんはこのような姿を見るため私を生んだのではないのに』と考えながら、克服するため努力した。初めて人々にとって必要な人、助けになる人になったみたいだ」と話した。

最後にギョンリは「Nine Musesのチームカラーはガールクラッシュ(女性が女性に憧れること) だ。若い人たちにはできない、私たちだけの雰囲気を分かってほしい。私たちもファンのみなさんも、すべての状況に耐えてほしい。私たちが目指す目標を達成するまで、諦めないでほしい」と頼んだ。

Nine Musesは最近4人組でカムバックし、新曲「Remember」で活発に活動している。