大補強中のミラン、あのボバンが物申す

写真拡大

かつてACミランでもプレーしたクロアチアのレジェンド、ズヴォニミル・ボバン。

その彼が古巣ミランの現状を語ったと、『Gazzetta dello Sport』が伝えている。

ズヴォニミル・ボバン

「ドンナルンマについて?あの子を気の毒に思うね。彼がこの混乱によって煩わされないことを願うよ。

誰に責任があるんだい?誰もがわずか(な責任しか負っていない?)、特に彼の周りの人物たちはね。

フットボールは変わらなければならない。僕らはマーケットやエージェントにむかむかさせられている。

彼らはルールを作ろうとしている。なので、規制が必要だよ。

ミランについて?私は納得していないね、彼らは本当のトッププレイヤーとは契約していない。

(最高の選手が)サン・シーロでプレーするところを見たい」

今夏、積極的な補強を行っているミラン。すでに7選手の獲得に1億ユーロ(129億円)以上を投下しているが、それにもボバンは納得していないようだ。