『週刊プレイボーイ』本誌の28号で初グラビア、初表紙を飾ったばかりのアンジェラ芽衣(めい)ちゃん

写真拡大

“次世代スター”の呼び声も高い現役女子高生アイドル・黒木ひかりちゃんの誕生日会に潜入、前回はそのインタビュー(「かみ合わない天然キャラが大物の証し!?」)をお送りしたが、そこで『週刊プレイボーイ』本誌28号で初グラビア、初表紙を飾ったばかりのアンジェラ芽衣(めい)ちゃんを発見!

今まさに、リア・ディゾン超えの逸材として話題の20歳に突撃インタビューを続いて敢行した!

−こんにちは! 週プレでのインタビューは2回目ですね。今回の初表紙、おめでとうございます!

芽衣 ありがとうございます。

−どんな気分でした?

芽衣 「わーっ、いる。コンビニにいる! ラインニュースになってる!」とはしゃぎましたけど、元々、自信がないんで…期待の矛先は私で大丈夫かな?って思う。

−自信を持って大丈夫です! 家族の反応は?

芽衣 お父さんには言ってなかったんですよ。それで本を見せたら、「あっ」って止まってた。喜んでくれたものの複雑な気分だって言ってた。

−やっぱ、男親はそうなるのかな。街や電車の中では気づかれてない?

芽衣 電車の中では、目立ちたくないので気配を消したり、来ないでねの雰囲気を出してる。

−なんで? せっかく有名になったのに…。

芽衣 慣れないことがイヤで。結局、今の友達で充分だし、新規の友達もいらないと思ってる。だから引きこもり気味だし。

−引きこもりなの?? 今日は後輩の黒木さんが17歳の誕生日ということで。自分の時はどうでした?

芽衣 母がフィリピン人なので、家族みんなで誕生日会をしました。食卓に日本では見ることのない謎の料理が並ぶんです。

−謎の料理って??

芽衣 ウィンナーに何本もパスタが刺さっているやつとか。

−何それ? 美味しいの?

芽衣 美味しい。

−他に記憶に残る誕生日会ってあります?

芽衣 あるある! 18歳の時には焼肉店を借り切って、サプライズでパーッとやったり。それが思い出。20人くらいは来てたかな。

−いっぱい、友達いるじゃん。ホントに引きこもり? 家では何してるんですか?

芽衣 パソコン、電話、ゲームかな…電話が多いかも。風呂上がりに友達と時間を合わせて、11時とかにスキンケアしながら何時間もお喋りを楽しんでる。互いに1日の出来事を報告し合ったり、友達の彼氏の愚痴を聞いたり…。

−長電話してそう…もう直接会ったら(笑)! 

芽衣 確かに、友達の家近いし…。

−他にはどんなことして遊んでるんですか?

芽衣 回転寿司に行って、友達がトイレに行った隙に抹茶アイスを頼んで、その先端にワサビを盛って、「食べる?」って勧めてワサビを食べさせる!

−いたずらっコ! 友達はどうなったの?

芽衣 そりゃ、発狂でしょ(笑)!

−普段からいたずら好きなんですか?

芽衣 あとね、バリカンの音がして、バイブモードになるスマホのアプリで友達の頭を刈るふりをするとか。マジでキレられるよ。

−そりゃ、焦るよ! 本当に引きこもり??

芽衣 でも、もちろんこっちがやられることもあって。友達にマックのハンバーガーを買ってきてって頼んで、家で待ってたら、包みを投げてきて。中を見たら、肉がなくてパンだけだったとか。じゃがりこ(スナック)を頼んだ時も、中が全部、爪楊枝だったり。わざわざ、フタをボンドでとめてて、手が込んでるの。

−楽しそうな青春じゃないですか? 全然引きこもってない! では今後の抱負も教えてください。

芽衣 まだ何をしたいっていうのも固まってない。

−そんなぁ〜(笑)。いいキャラしてますけど、もうデビューしてるんですから頼みますよぉ!

というわけで、 黒木ひかりちゃんに続き、アンジェラ芽衣(めい)ちゃんにも話が聞けてラッキー!と有頂天になっていたら、さらに…同じ会場ではっちゃける、週プレ“くびれ番付”ではグラビア界の西の横綱となった川崎あやちゃんを目撃!

実は彼女も同じ事務所所属だったのだ。これは、すかさず彼女にもインタビューするしかない!

●後編⇒グラビア界のクビレスト・川崎あやが、生活すべて“名探偵コナン尽くし”な好きすぎる事情を告白

(取材・文/夏まりも 撮影/松井秀樹)

■アンジェラ芽衣(あんじぇら・めい)

1997年4月29日生まれ 身長172僉。贈坑押。廝僑押。硲坑亜ー駝=アニメ・ゲーム・漫画 特技=コスプレ○「関東一可愛い女子高生ミスコンGP」(2014年)