春夏の粋な羽織りもの 「スエードジャケット」の魅力

写真拡大

持ち物にはその人の品格が出る。良い物には理由があるのだー。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第4回は、春夏のレザージャケットをピックアップ。

小暮昌弘(以下、小暮):今回はイタリアの巨匠ジョルジオ アルマーニ。森岡さんが選ばれたアイテムは春夏もののレザージャケットですね。

森岡 弘(以下、森岡):日本ですとレザーのジャケットは、秋冬ものというイメージがありますが、欧米のブランドでは春夏のコレクションでも必ず発表しています。ジョルジオ アルマーニも毎シーズンのようにレザージャケットをつくっていて、僕も何着か持っているのですが、とても重宝しています。

小暮:革のジャケットやブルゾンのなかでもスエードは、インポートブランドでは春夏のシーズンにリリースされることが多いですね。彼らは、リゾートなどに出かけるときでも、カーディガン代わりに着用することも多いですからね。

森岡:そうです。欧米のライフスタイル的にもハマるんです。それにスエードジャケットは、Tシャツの上に羽織ってもシックに決まります。ジョルジオ アルマーニの場合、デザイン、素材ともにとても凝っているものが多いのも特徴です。しかもこれは日本限定でつくられた製品です。

小暮:素材はラムスエードですね。表面にパンチング加工が施されています。でも袖口などにはパンチング加工がわざと施されてない。これは新しい試みでしょう。

森岡:袖口などは傷みを考えてそうしていると聞きました。初夏もののこうしたレザージャケットは1枚仕立てが多いのですが、これは薄い裏地が付いているので、滑りがあって着やすくなります。

小暮:そうした配慮も日本人にはうれしいですね。日本限定ですが、デザインなどはどんな違いがあるのですか?

森岡:元のデザインは3ボタンだったらしいのですが、それだとボタンの位置が高くなって胸元が詰まって見えるので、2ボタンに変えてあります。日本人は欧米人のように胸板が厚くないですからね、このほうが日本人には似合う。Vゾーンが程よい広さになって、コーディネイトもしやすい。日本限定ならではですね。

小暮:こんなデザインならば、いわゆる「ビジカジ」にも使えますね。

森岡:オフデューティーでもオンデューティーでも使えますね。フォーブス ジャパンの読者にとってはカジュアルでもシックに見えること、配慮があるということはスタイルの肝になります。ですのでまさにカジュアルで大活躍するレザージャケットと断言できます。色もネイビーで着こなしやすいですね。

小暮:ネイビーはデザイナーのジョルジオ・アルマーニ自身が大好きな色でもあります。彼はいつもネイビーを着ていますからね。彼はモードの帝王といわれ、モードの先端を行くデザインを生み出しますが、意外にスタンダードな服もつくっていますね。だから海外のエグゼクティブたちはスーツでもカジュアルでもジョルジオ アルマーニを選ぶケースが多い。

森岡:モードなアイテムやスタイリングを提案しながらも、普通に着られる服がとても多いんです。世界のエグゼクティブたちはそれをよく知っています。

小暮:彼ならばこのジャケットに同色のTシャツとサマーウールなどのパンツを合わせそうですね。シックだけれど、モードな匂いもする。大人なカジュアル、真似したくなります。

森岡:モードを味付けにしたリアルなスタイリングですね。ネイビーは紳士がこよなく愛する色ですが、ネイビー好きなジョルジオ・アルマーニだから、同じネイビーでも、絶対つまらないアイテム、スタイリングにはならない。それもこのブランドの強みだと思います。

小暮:このネイビーのスエードジャケットは、森岡さんの説明のように、一見シンプルなデザインですが、実はとても凝っている。色も深いネイビーで、触ってすぐにわかるほど上質な素材です。このアイテム一点加えれば、着こなしにラグジュアリーさを漂わせることができる。そんなパワーとセンスを持ったレザージャケットといえそうですね。

森岡:女性がこのジャケットを触ったらすぐにその価値を見抜くはず。まさに洒脱さが薫り立つレザージャケットなのです。



森岡 弘(左)◎『メンズクラブ』にてファッションエディターの修業を積んだ後、1996年に独立。株式会社グローブを設立し、広告、雑誌、タレント、文化人、政治家、実業家などのスタイリングを行う。ファッションを中心に活躍の場を広げ現在に至る。

小暮昌弘(右)◎1957年生まれ。埼玉県出身。法政大学卒業。1982年、株式会社婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。83年から『メンズクラブ』編集部へ。2006年から07年まで『メンズクラブ』編集長。09年よりフリーランスの編集者に。