朝の情報番組『ビビット』(TBS系)で司会を務める女優の真矢ミキがブログで、同番組の出演者が書いた七夕の短冊を公開している。

真矢ミキオフィシャルブログよりスクリーンショット

 真矢は、「今日は七夕ですねスタジオでも皆さんで短冊に願いをしたためておりました。パチリ。コソッと皆さんの願いを撮って参りました。ご覧くださいませ。そして何より、皆さまの願いが叶いますように」とコメント。

 TBSアナウンサーの吉田明世は「毎日笑顔で過ごせますように」、テリー伊藤は「ます寿し食べたい」、フリーアナウンサーの堀尾正明は「みんなに幸せがやってきますように」、NEWSの加藤シゲアキは「太一くんや真矢さんもロケに来てくれますように」など、それぞれの願いをつづっている。そして気になるメーンMCの国分太一は「『ゴメン愛してる』に出演できますように」とかなり具体的な願いを記載している。

 国分の書いた『ごめん愛してる』とは、7月9日からスタートする連続ドラマ。主演をTOKIOの長瀬智也が務めており、同じグループというつながりで出演したいと書いたようだ。同ドラマは韓国で放送され最高視聴率29.2%と、大ヒットした作品。日本版としてリメイクされる。