画像提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は7日、SUV「ヴェゼル(VEZEL)」の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載タイプ「HYBRID X・Honda SENSING」をベースとした特別仕様車「HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」を設定して発売した。

「ヴェゼル」はSUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、高い燃費性能など、ジャンルの枠を超えた価値を高い次元で融合したクルマ。こうした特徴が幅広い層から支持を得ており、2014年度から3年連続でSUV新車販売台数第1位を獲得している。

今回の特別仕様車は、LEDフォグライトや17インチアルミホイール(スポーツタイプ)に加え、ルーフレール、プラチナクロームメッキ加飾を施した専用サイドシルガーニッシュ、ラゲッジルームハードボードを採用し、エクステリアをさらに際立たせる充実の装備とした。

ボディカラーは、既存色の「ホワイトオーキッド・パール」と「クリスタルブラック・パール」に加え、新たに採用した専用色「プレミアムイエロー・パール II」「ルージュアメジスト・メタリック」「ミッドナイトブルービーム・メタリック」の3色を合わせた全5色を設定している。

「ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」の価格は、FF車が256万5,000円、4WD車が278万1,000円(ともに税込)。