バスクの絆は強く美しく…精巣ガン再発したDFジェライの支援のため同僚が粋な計らい

写真拡大

▽バスク純血主義を貫くアスレティック・ビルバオの絆は強く、そして美しい。同クラブは7日、精巣ガン再発の疑いで化学療法をスタートしたU-21スペイン代表DFジェライ・アルバレスの支援のために粋な計らいを見せた。

▽ビルバオは7日、クラブの公式ツイッターを通じて、トップチームに所属するすべての選手たちが坊主になった驚きの画像を公開した。

▽この背景には、昨年12月に精巣ガンの摘発手術を受けて、一度は戦列に復帰しながらも、最近に入ってガン再発の疑いがあって、抗ガン剤による化学療法をスタートしたジェライを支援する意図があった。

▽治療に向けて髪の毛を剃るなど、再びガンとの厳しい戦いを強いられたジェライを何とか励ましたいチームメートは、同選手との連帯を示すために全員が坊主になることを了承。そして、先日にクラブハウスを訪れたジェライは、ロッカールームに整列した坊主姿のチームメートをみると、驚きと共に感極まった様子を見せていた。

▽今回の行動に関して、スペイン人MFオスカル・デ・マルコスは以下のように語った。スペイン『アス』が伝えている。

「僕たちは友人であり相棒であるジェライに関しての詳細を待たなければならない。だけど、ここではより心地よい気持ちでいてほしいと思い、今回の行動に至ったんだ。もちろん、ジェライだけでなく、この病気に苦しむすべての人たちに対して、自分たちの支援の姿勢を見せたかったんだ」

「僕たちはいつもこのチームが真の意味での“チーム”だと言ってきた。それは言葉だけでなくすべてだ。髪の毛を剃るというアイデアは、ジェライが髪を剃ったのを見たときに、彼と気持ちを共有できれば、素晴らしいことなのではないかと思ったんだ」

◆心はジェライと共に

https://twitter.com/AthleticClub/status/883399592087126020

◆素晴らしい仲間に支えられるジェライ

https://twitter.com/AthleticClub/status/883337500617560064