「100m先からでもデザインがわかる」と言われるほどのアパレルブランド『ハードコアチョコレート』。
今回は、そんな“コアチョコ”から登場した『まんが道』シリーズについて、デザイナーであり代表のMUNE氏にお話を伺ってみました。

漫画家のバイブル『まんが道』

――『まんが道』デザインのグッズって、珍しくないですか?

ハードコアチョコレート MUNE氏(以下MUNE):今回、藤子不二雄A先生のシリーズとして、『まんが道』もデザインしたんですけど、確かに『まんが道』グッズなんて無いですよね。作るところが居ないような、渋いところを突きたいな、っていつも思ってます。
『まんが道』以外も『ブラック商会 変奇郎』とか『フータくん』作るのって、たぶんウチだけです(笑)。

あと、『まんが道』のキャップは 現役の漫画家さんからも注文があったりしましたね。

―― え、すごいですね

MUNE:ほら、手塚先生もすごいんだけど、すごすぎて遠い、って感じるところもあるじゃないですか。藤子不二雄先生はより身近な神様、近い神様なのかなあ、って感じてます。

漫画家の人達にとって、『まんが道』ってバイブル的な存在なんですね。だから漫画に携わっている、漫画に近い人たちほど注目度が高いんじゃないかな、って思いますよ。

―― キャップのデザインで苦労したところとかありますか

MUNE:今回、Tシャツはもちろんなんですが、キャップはこだわりましたね。昔のコミックス版の色合いやデザインを参考に、とことんオリジナルを尊重してます。(刺繍で)グラデーション表現するところは工夫しましたね。

今回の『まんが道』のロゴは『藤子不二雄ランド』版のではなくて、『ヒットコミックス』版のロゴなんですよ。

―― (Gooleの検索結果を見ながら)本当だ……

MUNE:これ、出せてよかったです。いろいろコラボしている中で会心の出来ですね! デザインしている最中に「これはすごいものができるぞ」ってブツブツ言いながらデザインしているの(笑)。キチガイの研究員みたいな(笑)。

今後のコアチョコについて

MUNE:(コラボを)渋いところで出したからこそ、渋いところに響くような、そういう作り方は続けていきます。より一般的なのは、(ウチじゃなくて)そちらにお任せして。

熱狂的ファンとの戦い……ですね。熱狂的ファンを納得させたいですね。「くやしい!これは買う!」そういうのを見るとすごく嬉しいんですよね(笑)。

―― 今日はありがとうございました。

“ギリギリまで攻めるデザイン”として、根強いファンに支えられているハードコアチョコレート。すべてのデザインに共通しているのは「元の作品に最大限のリスペクトを払っている」という点。“攻め”つつも敬意が見えるからこそ、長く愛されていると言えそうです。

Tシャツ界の悪童 ハードコアチョコレート「アニメ・マンガ」
http://core-choco.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=816694&csid=0