【詳細】他の写真はこちら

今や珍しいモノではなく、掃除機の中のサブカテゴリーのひとつとなったロボット掃除機。ルンバに代表される海外メーカー製はもちろん、国内大手メーカーからも数多くのモデルが出揃っている。しかし、一言にロボット掃除機といっても、その性能や機能はさまざまだ。そこで、自宅一室に一般家庭に多くあるシチュエーションを用意。今チェックすべき主要メーカーのロボット掃除機6台を、実際に走行させてテストしてみた。走行性能や使い勝手、ナビ機能など、ロボット掃除機が求められている機能を徹底的にチェックする。



アイロボット

ルンバ980

実勢価格:13万5000円

2002年より、ロボット掃除機を発売してきた、老舗メーカーのフラグシップモデル。従来モデルで採用してきた、“高速応答プロセス iAdapt”(毎秒状況判断を行いながらランダムのように動作し、同じ場所を別の角度から数回掃除する仕組み)から、新たにカメラと底面センサーにより、室内での自位置を把握しながら、効率良く掃除する仕組みに変更。このため、動きは従来型を組み合わせた動きとなった。また、室内をマッピングしながら掃除するため、複数の部屋をまとめて掃除することが可能だ。吸引力の面では庫内に真空状態を生み出して、吸い込む「AeroForceクリーニングシステム」を採用。ブラシのないローラーを採用しているのも特徴だ。

操作性



【本体ボタン】

本体中央部に、掃除を開始する「CLEAN」ボタンを配置。また、左右に、スポットモード用のボタンと、ホームに戻るボタンも配置しており、リモコンやスマホがなくても操作できる。



【スマホアプリ】

iOSやAndroid用のアプリを用意。スケジュール設定などはアプリで行う仕様となった。アプリ上ではバッテリーの状態やカーペットブースト機能のオンオフなどが設定できる。スケジュールは曜日ごとに設定可能だ。



独自機能



【カメラ】

本体上部に搭載するカメラで周辺を撮影しながら、自位置を把握し、効率的に走行する仕組み。暗い場面では床面センサー等を活用して動作する。



【AeroForce クリーニングシステム】

ブラシを配置しないゴム状の2つのローラーでゴミを挟み込んで吸い込む仕組み。内部で真空状態を生み出すことで、高い吸引力を実現している。



【バーチャルウォール】

ルンバに入って欲しくない場所に設置するバーチャルウォールも2個付属。赤外線によって進入を防ぐため、人には障害にならない。



ルンバ980の実力を徹底調査!



【テスト内容】

8畳の洋室にA4用紙1枚を1cm以下サイズに切り刻んだ紙ゴミと、5cmほどの長さに切った糸20本。そしてベビーパウダーを10振りほどしたところを各モデルで掃除した。



走行性能



【段差】

正面からは上れなかったが、斜めになることで、乗り越え、板の上も、しっかりと掃除。乗り越えられない場合、他の方向からもトライしていた。



【イスの間】

イス間とルンバの横幅の差はわずか約2cmだったが無事侵入。イスの間のゴミも問題なく、取り除けていた。また、足の周りもしっかりと回転していた。



フローリング



【ほぼゴミの取り残しなし】

カーペットのヘリにはほぼ引っかかることなく、スムーズに乗り降り。通過したところのゴミは問題なく回収してていた。



カーペット



【ゴミの残量は最小クラス】

フローリングの掃除性能も納得のレベル。掃除が終わった時点で紙ゴミや、糸くずなどはほぼ見かけなかった。



隅と角



【隅にもしっかり密着】

ルンバというと家具にぶつかる印象があるが、非常にソフトタッチで、家具のギリギリのゴミまでしっかりとかき出し、吸引する印象だ。



【角もブラシで入念に】

サイドブラシで壁際にゴミをばらまくと言うこともなく、しっかり吸引。また、家電のコードが垂れていたが、引っかからなかった。



デジタル&家電ライター/コヤマタカヒロの評価





ゴミの取り逃しがほぼなく、しっかりと掃除する安定感はさすが

掃除終了後に、部屋に入ると、ゴミの残量の少なさに驚かされた、残っていたのは、部屋の隅と、カーペットのヘリなどに、紙ゴミが4つほど。糸くずとベビーパウダーの残りは見つけられなかった。また、約30分の掃除の間、一度もエラーで止まらなかった点も評価できる。部屋の壁際を、周回するように走行しながらも、従来型のランダムな動きも多く見られた。これは今回の掃除場所が、障害物が多い8畳の狭い空間だったので、それに合わせた動きが多くなり、ゴミ取り効率もアップしたようだ。

コヤマタカヒロ/デジタル&家電ライター。デジタル機器から家電製品まで幅広く執筆活動を展開するライター。雑誌やWebにて連載を多数抱える。

※『デジモノステーション』2017年4月号より抜粋

関連サイト



アイロボット『ルンバ980』製品情報ページ